Why I Love Traveling

20年後、あなたはしたことよりもしなかったことに失望することでしょう。 だから、船首綱を投げ捨てて、安全な港から出航しなさい。 貿易風を帆で受け止めよう。 探検するのだ。 夢を見よう。 発見するのだ。 – マーク・トウェイン

Main St Memphis

Main St Memphis

こんにちは、私はリサ、旅行が好きです。 平凡でシンプル。 そして、それは誇張ではなく、情熱的な情事です。 私がどれだけ旅を愛しているかを表現するために、この「私が旅を愛する理由」エッセイを書かなければならなかったのです。 2006年に世界一周の旅を記録するためにこのブログを始めた。 今では60カ国以上を訪れ、数え切れないほどです。 4302>

Why I love travel Essay
Why I love travel

子供の頃から、私は冒険心を持っていました。 自転車で「次のカーブ」を曲がるだけで、そこに何があるのか、ワクワクしたものです。 そして、大人になってからは、それが高じてエミー賞を受賞したテレビプロデューサーを辞め、ほとんどの荷物を売り払い、2年間世界一周の旅に出ました。 まさか自分がそんなことをするとは思ってもみなかった。 夢のような話です。 不可能に思えた。

ほとんどの場合、旅行は思っているより安く、簡単で、安全です。

私はいつも旅行の冒険が好きでした。 そして今日も同じように感じています…たとえ今、「次の曲がり角」が別の大陸にあるかもしれないのにね。 私は、旅への情熱と愛を育み続けることができ、非常に幸運でした。 世の中には、私と同じような情熱を持つ人もいれば、そうでない人もいます。 振り返ってみると、私がどのようにして旅の虫になったのか、その経緯を振り返ることができます。 しかし、なぜ私はそんなに旅行が好きなのでしょうか? ここでは、この旅の魔法を説明しようとする私の「旅行大好きエッセイ」です!

Lisa Lubin in Colombia
Lisa Lubin in Colombia

目次

Why I Love Traveling

1. 旅の興奮が好きだから

新しい土地、新しい言語、新しいお金、それに伴う小さなチャレンジを発見する、探検家のような気分、その興奮が好きです。 旅をしているとき、私はより自発的で、未来や過去のために生きているわけではありません…ただその瞬間にいるのです。 衝動的で、ほとんどすべてに「イエス」と言うことが楽しみの一部です。

2. 旅のアドレナリンラッシュが好き

私はラッシュが好きです。 習慣的なランナーは、彼らが続けるために必要なその余分なブーストを与えるエンドルフィンのキックインでオフになります。 私は、一日の旅行や、訪れる予定のなかった新しい未知の土地(私にとっては…全人類にとってではない)への予期せぬ寄り道から、同じ衝撃を受ける。 旅は、私にほぼ常にアドレナリンラッシュを与えてくれるようです。 数年間、途切れることなく旅を続けた結果、この感覚にすっかりはまってしまった。 旅はチャレンジングなものですが、私にとっては楽しいチャレンジであり、何度でも挑戦する楽しみがあります。 また、掃除機をかけたり、請求書を払ったり、トイレットペーパーを買ったりするよりも、ずっと楽です」

Siena, Italia

「・・・多くの人々が不幸な状況の中で暮らしているのに、状況を変えようとしないのは、安全、適合、保守の生活に条件づけられ、それらがすべて人に心の平安を与えるように見えていても、実際には人間の中の冒険的精神にこれほど損害を与えるものはない。 人間の生きる精神の最も基本的な核心は、冒険への情熱である。 人生の喜びは、新しい経験との出会いから生まれる。それゆえ、毎日、新しい、異なる太陽を迎えるために、限りなく変化する地平線を持つことほど、大きな喜びはないのである。” -クリス・マッキャンドレス-「イントゥ・ザ・ワイルド」

3.新しいことを学ぶのが好き

私は旅行から多くのことを学びました。 世界の旅は、いろいろな意味で心を広げてくれます。 新しい人と出会い、新しい経験を分かち合い、家に戻って日常的な生活に追われているときよりもずっと警戒心が解ける。 私は、世界の人々の生活を見ることができます。 イスラエルの太陽と笑顔は、CNNの映像を遥かに超えています。 違いについて学び、共通点を受け入れる。 故郷とこんなに違う」と文句を言うためではなく、このような異質なものに感謝するために、私はそこにいるのです。 何かが違うからといって、それが間違っているとは限りませんし、多くの場合、その方が良いこともあるのです。 そして、私が出会う人々は、私や私の世界、私の背景について少し知ることができ、他の固定観念を払拭するのに役立ちます。 そして今、過去に気づかなかったかもしれないいくつかの見出しが、私の注意を引いています。 私はこれらの場所に行き、その寛大さを体験したことがあるのです。 4.旅のロジスティクスが好き

新しい土地に降り立ち、自分ですべてを把握しようとすることが好きです。 どこでお金を手に入れるか。 その国の言葉をどう話すか。 A地点からB地点への移動方法。135回目の荷造りで発狂しないよう、バッグに正しく荷物を詰める方法。 まあ、そうだろう、私はその平凡な仕事が好きではないのかもしれないが、それでも、旅行に行くと決めたときに家に残してきたすべての退屈な家事よりはましだと思う。 実際、やっているうちにだんだん楽になってきて、自分は何でもできるんだという自信がわいてきます。 カイロの混乱やハノイの喧騒の中で空港に降り立ち、なんとか町の中心部に入り、宿泊場所を見つけ、その間、ぼったくられることもなく、ユーモアのセンスも保てるなら、確かにいつでもどこでも行けるという不安はないですね

5. シンプルなのがいいんです。

私の仕事は、どこかに行って、どうすればいいかを考えることだけです。 為替レートを調べてATMで現金を引き出す、母国語のキーワードをいくつか把握する、宿や街までの交通手段を調べる、本の交換(英語の古本屋を探す)、2週間に一度くらい洗濯をする、などなど、私のやることは割と短いのです。 髪を切ったり、古くなって穴のあいた服を買い換えたりと。 ズボンやTシャツは数組しか持っていないので、毎日服を着るのは簡単な仕事です。 多ければ多いほど、重くなるような気がする。 あなたの人生は、家に帰れば無意味なことに煩わされることはない。 でも、どうでしょう? 新しいシャツや靴が本当に必要なら…世界中どこでも買うことができるのです。 本当に必要なものって、実はそんなにないんです。この大消費社会で、私たちはそれを忘れがちです。 食べ物が必要で、住まいが必要で……それくらいです。 愛や笑い、幸せも楽しみますが、それは無料ですし、荷物のスペースも取りません。

世界中の駅
グランドセントラル駅-ニューヨーク市

6. いつも新しい人に会うのが好きだ。

私の人生の中で、これほど多くの人と出会い、これほど短期間に多くの新しい友人を作ったことはないだろう。 世界は親切で寛大な人々でいっぱいです。 もちろん、どんな場所にも愚か者はいるのですが、旅人であれば、そうした人々に出会う可能性はかなり低いようです。 たぶん、人々はあなたを助けたいと思っているからか、あるいは、あなたがある人々を長く知らないために、彼らの間抜けな傾向が明らかにならないだけなのだろう。 旅の本質は移動し続けることなので、これらの人々は決して退屈にはなりません…なぜなら、単に彼らの欠点を発見したり、彼らにうんざりするほど長く彼らを知らないからです。

7. 自由が好きです。

私は一人旅から独立の偉大な感覚を経験します。 好きなときに、好きなところへ行ける。 寝坊もできる。 夜更かししてもいい。 4302>

Forest of Dean
Forest of Dean in Southwest England

これらのことは、他の場所、つまり本当にどこでもいいから住むことがいかに簡単かということも教えてくれます。 それぞれの土地に長期滞在することで、友人を作り、仕事を見つけ、フラットを見つけることがいかに簡単であるかを学びました。 その土地に住んだら必ずやらなければならないこと。だから、いろんな意味で、もうそこに住んでいるようなものなんです」

“Afoot and lighthearted I take to the open roads
Healthy and free, the world before me.
The long brown path before me leads
where I choose.
これからは幸運を求めない、
私自身が幸運である。
これからはもう泣き言を言わない、
もう延期しない、服を必要としない、
室内の不平、図書館、
ひどい批判はもうしない、
強く、満足して、私は広い道を旅する」
-ウォルト・ホイットマン、「Leaves of Grass」より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。