Web of causation and its implications for epidemiological research

18世紀から20世紀初頭にかけて、人間の状態を理解するための統一的なアプローチは崩壊していた。 人間社会の広範な研究である政治経済学は、大学を基盤としたさまざまな学問分野に分裂し、それぞれが狭い範囲の専門研究に還元主義的に焦点を当てた。 医学は、社会的、歴史的文脈における健康に関心を寄せていましたが、その焦点はミクロのレベルにまで狭められ、病原体の直接的影響や崩壊した器官系の構造について、カプセル化された理解にとどまっています。 同様に、人類学も、全体論という旗印を掲げながら、20世紀の大半は、一方では一見孤立した人間社会に関するきめ細かな文化研究、他方では文化的関心とは無関係な高度に専門化した生物学・生物行動学的分析に退いていった。 その結果、人類学は2つ以上の分野に分裂し、その過程で人間の状態を統合的に理解する機会が失われてしまうかのように思われることもありました。 しかし、21世紀に近づくにつれ、学際的・学内的な再統合の必要性が強く感じられるようになってきました。 この傾向は、アルコール、タバコ、薬物研究の分野でますます顕著になっており、人類学が将来的に目指すべき方向性の一つを示唆している。 この観点から、本論文ではハートフォード注射器交換プログラムの人類学的評価において採用された批判的生物文化モデルの使用について検討する。 このモデルは、リスク行動の政治経済学、インサイダーの理解、意味体系、行動の民族誌的検討、健康関連問題の生物学的分析を統合したものである。 方法論的には、この評価は人類学の主要なサブフィールドのすべてからの方法と概念を組み合わせたものであった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。