Veit Stoss

シュヴァーベンかニュルンベルクに生まれ、1477年から1496年にかけてポーランドのクラクフで働き、ニュルンベルク市民となった。 1503年、彼は書類を偽造し、死刑を宣告された。 釈放されたが、熱いアイロンで頬に焼印を押された。

シュトスの最も印象的で重要な作品は、クラクフの聖母マリア教区教会の主祭壇(1477-1486年)である。 この作品は、ポリクローム仕上げの精巧な木造建築で、2組の翼があり、聖母とキリストの生涯を浮き彫り彫刻で表現している。 中央には、使徒の面前でのマリアの死が描かれている。 ゴシック様式の透かし彫りの上部構造では、キリストが彼女の魂とともに天に昇り、祭壇の上部では、マリアが三位一体によって天国の女王の戴冠を受けている。 祭壇画全体は金と青を中心とした強い色彩の炎に包まれ、その興奮は彫刻の様式にも続いている。 深いアンダーカットの襞が鮮明に切れ込み、渦を巻き、光と影で躍動的なパターンを形成している。

ニュルンベルクに戻ったシュトスの最初の作品は、聖セバルトの聖歌隊にある受難曲の3つの石造レリーフ(1499年)である。

この聖ローレンツ教会の祭壇の上、宙に浮いているのが、シュトスの有名な大ロザリオ、あるいはサルヴェ・レジーナ(1517-1518)である。 薔薇の彫刻が施された木製のシャプレと、マリアの七つの喜びを表すメダリオンが、ガブリエルと告げ知らせる聖母の等身大フィギュアを取り囲んでいます。

ストスの晩年の傑作、バンベルクの教会のために彫られた祭壇画「羊飼いの礼拝」(1520-1523)には、ルネサンスの新しい精神の息吹とともに、穏やかさとリラックスが感じられます(現在は大聖堂に収蔵)。 木材はあえて無着色とされ、ストスと同時代のティルマン・リーメンシュナイダーと共通する媒体に対する新しいルネサンス的感覚に基づくものである

ストスの才能は非常に強く、ニュルンベルクの彼の学校では力強い個性を伸ばすことは不可能だったようである

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。