Vampire (Evarcha culicivora)

Jumping spider familyのVampire spiderはビクトリア湖、特にウガンダとケニアに隣接する部分の固有種である。 吸血性の蚊、特にメスを捕食する傾向があるため、「ヴァンパイア」と呼ばれるようになった。

身体的説明と同定

大人

サイズ。 メスは平均0.15~0.27インチ(0.4~0.7cm)、オスは約0.11~0.23インチ(0.3~0.6cm)である。

学問的分類

  • 科: Salticidae
  • Genus: Aptostichus
  • 学名:Evarcha culicivora

体色:体色に関しては性二型が見られる。 成体のオスは血のように赤い顔で、目の上に白い斑点がある。 一方、メスは灰褐色で赤い斑点があるように見える。

その他の特徴。 全体的に毛むくじゃらである。

Vampire Spider

Eggs

卵は他のジャンピングスパイダーと同様にメスが産んでシルケン嚢の中に入れている。

クモの子

親とよく似ているが、幼体は顔が灰褐色。

枯葉や草で作った巣の中に、絹の筒状の巣を作っている。 巣はクモの体長の4倍から6倍の長さと幅がある。

Are Vampire Spiders Venomous

主に蚊に刺されるが、人間に害を与えることは知られていない。

Quick Facts

Distribution Uganda and Kenya
Habitat Tree trunks, 建物の壁
食事
寿命 不明
IUCN保全活動 ステータス Not listed

Did You Know

  • 蚊の血を香料として、相手を交尾に誘い込みます。

画像出典。 I1.wp.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。