Urban flight: understanding individual and population-level responses of Nearctic-Neotropical migratory birds to urbanization

1. 都市生態の研究は文献上では一般的になっているが,生態学者は都市化と動物群集構造の関係を担う基本的なメカニズムについての経験的証拠をまだ欠いている。 本研究では,多くの新北極・新熱帯渡り鳥が都市景観を忌避するプロセスを理解するために,米国オハイオ州の35の河岸林周辺におけるアケアカヒタキ(Empidonax virescens)の都市化に対する集団および個体レベルの反応を検討した。 2. 2001年から2006年の5月から8月にかけて、鳥類を調査し、175羽のヒタキにバンドを付けて状態と生存率を推定し、巣立ちの日を追跡し、387巣の成功を観察し、163繁殖ペアの年間繁殖生産性を推定した。 3. オス(phi = 0.53 +/- 0.056 SE)とメス(phi = 0.23 +/- 0.064 SE)の年間生存率は、景観内の都市開発量と関連しなかった。 同様に、巣の1日生存率(サイト間で0.92から0.98の範囲)も都市化とは有意に関連しなかった。 一方、繁殖生産性は水辺の森林を囲む都市化の量と負の相関があった。これはおそらく、都市部の森林では農村部と比較して、子ガメの寄生率が高く、ペアの営巣回数が少ないことが一因であると思われる。 4. 4.都市景観内の森林では、生息地の入れ替わりが激しく、都市部に定住する鳥は、農村景観の鳥に比べて巣立ちが遅く、体格もわずかに小さく、巣の捕食後の帰還率も低かった。 このように、生息地の選択、定住パターン、場所の忠実性を支配する行動プロセスは、都市景観で営巣するペアが達成した低いレベルの繁殖生産性に寄与していると考えられる。 5. 本研究は、アケアカヒタキと都市化の間の負の相関が、彼らの河岸林の生息地を取り巻く都市化した景観に対する集団レベルと個体レベルの両方の反応から生じることを示す証拠を提供するものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。