Up with This I will not put!

This is the sort of English up with which I will not put.

– Winston Churchill (probably) on an editor mangling a sentence in his memoirs that had finished in a preposition

Can you end a sentence with a preposition? これは長い間、文法サークルの議論の対象でしたが、現在ではほとんどの人が問題ないと言っています。

前置詞で文を終えることが許容できるかどうかを見る前に、まず、前置詞とは何なのか? 前置詞とは、to、at、in、on、under、with、aboveなどのようなトリッキーな単語です。 基本的には結合組織のようなもので、レンガとレンガの間にあるモルタルのようなものです。 あるいは、重い客船を引っ張る小さなタグボートのようなものです。 これらは単独ではあまり機能しないように見えますが、文の主要な概念を結合するために必要です。

I’m going to the beachという文を考えてみてください。 その文の最も重要な要素は何でしょうか。 ほとんどの人は、I、going、the beachと答えるでしょう。 これらは、誰が、何が、どこで起こっているのかを教えてくれます。 しかし、going と the beach を一緒にするには、文の流れを作り、the beach が目的地であることを明確にするために、to が必要です。

ネイティブスピーカーには簡単に見えるかもしれませんが、前置詞は非ネイティブスピーカーにとって完全に学ぶのは非常に難しいものです。 前置詞はそれ自体で意味を持つことはあまりなく、また一般にある概念(with や togetherness など)と結びついていますが、文脈によって異なる機能を果たすことがあります。 また、他の言語に直接相当するものがあるとは限りませんが、たとえそうであっても、他の言語のフレーズに類似した英語のフレーズは、やはり別の前置詞を使用するかもしれません。

前置詞で文を終えることを認めない人がいる理由は、この接続性の考え方にあると思います。 前置詞は、単語やフレーズをつなげて、文章に一貫性を持たせる傾向があるので、通常、単語やフレーズの間に前置詞を見出すことができます。

しかし、私にとっては、それがOKである主な理由が2つあります。

まず、多くの場合、前置詞を文末に置くことは、そうしないために行う必要がある苦行とは対照的に、より簡単で自然な響きを持ちます。 例えば、

Who do you live with?

What are you listening to? / To what are you listening?

Which album shall I put on? / On which album shall I put? どのアルバムに載せようかな? どのアルバムにつけようか? I give up.

上記の最初の例は、悪いヨーダの印象のように聞こえる2番目の例よりはるかに良い音であることに、ほとんど誰もが同意すると思います。文法的/構文的な正確さは自然に聞こえることよりも重要だと主張する人もいるかもしれませんが、a) 前置詞で文を終わらせないことはルールとして認められていませんし、b) 自然に聞こえることは、言語をより使いやすく、理解しやすくするので非常に重要で、我々が堅苦しいと考える文法規則のほとんどは、人々が良い響きとして受け入れたものから発展しました。 Who do you live with? と聞かれたら、Who と you は with で結ばれており、I live with ___ という答えになることを本能的に理解しています。 また、前置詞で始まる質問(例えば、With whom do you live?)は、前置詞が最後にある質問よりも物事を明確にしないと私は信じています。 前置詞は、文頭であろうと文末であろうと、結合するものの間にはありません。

おそらく、前置詞で文を終わらせないことに固執する教育者の最も厄介な点は、前置詞を文中早期に配置する英語の他の確立されたパターンを無視していることでしょう。 彼らはWhat are you listening to? と聞くのが好きではないかもしれませんが、whatは疑問詞であり、ほとんど常に情報文の最初に来ます。

基本的に、それはすべて集約されます:それが良い音と誰もがあなたを理解する場合、それはおそらく大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。