UNC、分散型コース評価にBlueを選択

July 6, 2017(Press Release) -R1クラスの大学で、米国でもトップの公立大学の1つであるノースカロライナ大学チャペルヒルは、分散型コース評価手法をサポートするためにeXploranceのオンラインコース評価システムBlueを選択しました。 この分散型研究大学は、データ収集プロセスを自動化し、事実に基づく実用的な洞察を発見して、教育と学習を改善するための評価ソリューションを探していました。

米国で最も古い公立大学が Blue コース評価ツールに注目した理由は、「私たちの分散型コース評価管理方法に適応する Blue の能力」だと、プログラムコンプライアンスコーディネーターの Block 博士は述べています。 大学では、授業評価に関して一元化する傾向があり、その結果、学生の回答率が低くなってしまうのです。 そこでUNCでは、評価の計画段階から教員や学生を参加させています。 241>

Blue は、オールインワンの評価プラットフォームで、さまざまなフィードバックソリューションを活用して、期待、能力、知識、ニーズ、スキルを測定し、学習と開発を通じて継続的に改善する文化を支援します。 オンライン コース評価システムにより、管理者はキャンパス横断的な機能の設定と自動化を行うことができます。一方、各学部、学科、または教員は、最も重要な質問に影響を与え、戦略的な決定と分析に集中できます。

UNC は、継続学習の文化を支え、キャンパス全体でコース評価のための分散型アプローチを実行するため、Blue コース評価ソリューションを選択しました。 分散型アプローチをサポートするには、構造化されたプロセスと、自動化された俊敏で堅牢なプロセスをサポートすることができるソリューションが必要です。 オールインワンのオンライン コース評価ツールのページでは、学習と教育の経験分析が、学習と教育の改善に向けた意思決定の継続的な改善にどのように役立つかをご覧いただけます。

ノースカロライナ大学チャペルヒル校について
全米初の公立大学であるノースカロライナ大学チャペルヒル校は、革新的な教育、研究、公共サービスで知られるグローバル高等教育のリーダー的存在です。 権威ある米国大学連合(Association of American Universities)のメンバーであるカロライナ大学は、米国の公立大学で最も質の高い教育を提供する大学として、常に上位にランクインしています。 3世紀を迎えた現在、14の学部と芸術科学大学を通して、77の学士号、113の修士号、68の博士号、7つの専門職学位プログラムを提供しています。 教職員と学生は毎日、ノースカロライナの各地域と100の郡における最も差し迫ったニーズを満たすために、教育、研究、公共サービスを形成しています。 318,000人以上の卒業生が全米50州、157カ国に在住しています。 eXploranceについて
eXploranceは、学習経験管理(LEM)ソリューションのプロバイダーで、事実に基づく学習経験分析により、組織が正しい判断を下せるように支援します。 eXploranceは、2003年に設立された非公開企業で、カナダのモントリオールを拠点に、アジア太平洋地域、ヨーロッパ、ラテンアメリカにオフィスを構えています。 eXploranceの顧客には、メルボルン大学、ペンシルバニア大学、トロント大学、ザイード大学、デルマーカレッジ、ボウディンカレッジ、IESEビジネススクール、西安交通リバプール大学、オークランド大学、リバプールジョンモア大学などの学術機関、アラムコ、カナダ国立銀行、NASAなどの組織があります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。