Uber、米国でテキスト-to-911機能を展開

ドライバーと乗客の安全を守るための継続的な取り組みの一環として、Uberは米国で新たに、アプリ内のテキスト-to-911機能を導入することになりました。 これは、運転手や乗客が、状況をさらに悪化させることなく、目立たないように緊急サービスに連絡する必要がある場合に、特に役立ちます。 テキストで送信した場合、この機能により、場所や車両情報などの主要な旅行情報がSMSテキスト・メッセージに入力されます。 たとえば、自動入力されたテキストには、次のように表示されます。 白のトヨタプリウスABC1234です。 現在地は1562 Poblano Streetです。 目的地は1455 Market St. 緊急事態は:

Uber は、現在緊急サービスがメールを受信できる地域でこの機能を展開しており、すでにロサンゼルス、ミネソタ、インディアナで試験的に実施されています。 サービスが利用可能な場合は、UberのSafety Toolkit内に911 Assistanceボタンが表示されます。

Uberは2018年に(米国で)アプリ経由で911 Assistanceを利用できるようにしました。 Uberは、アプリを通じて911に電話やテキストを送ったかどうかを把握し、乗車後にメッセージでフォローアップします

Uberは、安全面で優れた実績を持っているわけではありません。 その最初の安全審査では、性的虐待の報告が6,000件近くあり、19件の致命的な身体的暴行が記録されています。 同社は、問題のあるドライバーを報告しやすくすることから、暗証番号による乗車確認まで、多くの安全機能をテストしてきました。 それでも、インドでは2015年から同様のアプリ内パニックボタンがユーザーに提供されているため、このテキストから911への機能は遅きに失していると言う人もいるかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。