Uberと飲酒運転による死亡者数の減少を関連付ける新しい研究

米国では毎日30人近くがアルコールに起因する自動車事故によって死亡しています。 この問題は、ドライバーと罪のない傍観者の両方を危険にさらす、非常に大きな公衆衛生問題です。 しかし、多くの州で飲酒運転規制が飲酒運転による死亡の発生率を下げるのに有効である一方、新興のライドシェアリング経済など、飲酒運転を防止する他の要因も調査する価値があります。

人が酔って運転することになる要因は、それがなぜ行われるのかという点とそれを防ぐ方法という点で、社会科学者にとって根強いパズルになってきました。 ある晩、結婚式でお酒を飲んだ後、配車サービスの Uber X に乗った私は、Uber やその他のライドシェアサービスの人気の高まりが、より多くの人々を道路から遠ざける原因になっているのではないかと考えました。 そして、カリフォルニア州ハイウェイパトロールの州全体統合報告システムのデータを使って、この関連性を確認するだけでなく、その効果がどのようなメカニズムで発生するのかを調査しました。 カリフォルニアでは、Uber Xの導入後、2009年から2014年にかけて死亡率が大きく低下しましたが、Uber Blackとの関連性は限定的でした。 同様の傾向を持つカリフォルニア州の他の都市とデータを比較し、この低下はUberの存在によるものである可能性が高いと結論づけました。

私たちは、Uberのスマートフォンアプリのプラットフォームが、飲酒を選択した人たちにとって、アクセス可能で手頃な代替手段を生み出し、この代替手段が存在するとアルコール関連死が少なくなると主張します。 さらに、この関連性は、Uberや同様のサービスがしばしば運賃を引き上げる休日や週末などの需要の高い時期にはそれほど明確ではなく、費用が重要な意思決定要因である可能性を示しています。

Uber、Lyft、その他のライドシェアプラットフォームのような新しいビジネスモデルが出現し、私たちの日常生活を変えていく中で、飲酒運転の防止や削減といったプラスの利益を明らかにし、これらの新興企業を既存の環境に取り入れる政策を形成するには、確かなデータが必要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。