Tyler Kennedy

Play career

Junior and Pittsburgh Penguins

2012年にPittsburgh Penguinsと

Kennedy は4ラウンドでピッツバーグ・ペンギンズからドラフト指名されました。 2004年NHLエントリードラフトで全体99位。 指名された後、Kennedyはオンタリオホッケーリーグ(OHL)のスーセントマリーグレイハウンズで2シーズンプレーしました。 その後、2006-07シーズンからピッツバーグのアメリカンホッケーリーグ(AHL)傘下のウィルクスバーレ/スクラントン・ペンギンズでプレーしている。 翌2007-08シーズン、ケネディは2007年10月27日のモントリオール・カナディアンズ戦でNHLの初試合に出場した。 彼はその後、ニューヨークアイランダースに対して11月3日に彼のキャリア最初のNHLのゴールを決めた。

Kennedy ピッツバーグペンギンズで2008年2月にデビューシーズンでは、ケネディはペンギンズチームメートクリスレタンと一緒にNHLのヤングスターチームに選ばれた。 しかし、ケネディは単核球症により試合に出場することができなかった。

2009年スタンレーカップファイナルのデトロイト・レッドウィングス戦では、第4戦でゴールを決め、第6戦では決勝ゴールも決めた。 また、”崖っぷち “と呼ばれることもあるようだが、これは “崖っぷち “ではなく、”崖っぷち “なのである。 また、”崖っぷち “と呼ばれることもある。 ヤーグルはその後、ピッツバーグの州内ライバルであるフィラデルフィア・フライヤーズと契約した。 2011-12年シーズン、ケネディは脳震盪で欠場した。 彼は60試合、33ポイントでシーズンを終えた。

サンノゼシャークス

2013年NHLエントリードラフト中に、ケネディはドラフト2巡目指名権と引き換えにサンノゼシャークスへトレードされた。 サンノゼに到着すると彼の生産性は低下し、67試合でわずか4ゴール、17ポイントを獲得した。

ニューヨークアイランダースとニュージャージーデビルズ

翌シーズン、ケネディは2016年NHLエントリードラフトの条件付き3巡目指名権と引き換えにニューヨークアイランダースにトレードされた。 同クラブでレギュラーシーズン13試合、2015年のスタンレーカップ・プレーオフで3試合に出場してシーズンを終えた。

2015年9月、ケネディはプロ・トライアウト(PTO)契約でニュージャージーデビルズのトレーニングキャンプに参加、プレシーズン3試合に出場後リリースされた。 2015-16シーズンの第1四半期がプレーした後に未契約となったケネディは、2015年11月18日に別のPTO契約でクラブでのトレーニングでデビルズに戻りました。 11月27日、ケネディはニュージャージーと60万ドル相当の1年2ウェイ契約にサインした。 チームでは50試合に出場し、ケネディは3ゴール、16ポイントを記録した。

引退

ケネディは2017年1月3日にプロホッケーからの引退を発表した。 527試合で89ゴール、215ポイント、スタンレーカップ1勝を挙げ、NHLでのキャリアを終えた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。