TOE SPRING

Toe Springは、靴底が厚くなり、クッション性が高まった結果、靴に忍び込んだ機能である。 靴底が厚くなり、歩行時につま先を曲げにくくなったため、つま先のバネが誕生した。 つま先のスプリングは、基本的にロッカーであり、歩行時やランニング時に足が前方に転がり、歩行の推進フェーズで足の前面にスムーズに移行するのを助ける。 しかし、この機能には問題があります。 私たちの足は、平らで、足元のさまざまな地形に適応するように設計されています。 しかし、長時間靴の中にいると、足が怠くなったり、不自然に悪い癖がついたりすることがあります。

私たちの多くが気づいていないのは、靴のつま先のバネがつま先を約0.5~1cm持ち上げていることです(大したことないように見えるかもしれませんが、1.5cm以上のヒールが組み込まれていると、その靴の中で外反母趾がかなり悪化していることになります)。

母趾を巻き上げることの問題は、これが「足をロック」し、より効率的な推進力を得るために足をより硬くする、足に組み込まれた機能であるウィンドラス機構と呼ばれるものを起動し始めるということです。 ウィンドラス機構は素晴らしい機能ですが、問題は、足がロックを解除し、衝撃吸収のために下の地面に適応すべきときに、ウィンドラス機構が作動していることです。

外反母趾が常に巻き上がっている状態だと、アーチの腱や筋膜が伸びすぎたり、活動的になりすぎたりすることも問題です。 足の甲の腱は慢性的に短くなり、これが爪先立ちやハンマートゥの基本的な作り方です」

つまり、簡単に言うと……。 このように、つま先のスプリングは、ほとんどの人にとって靴に必要ない機能であり、長時間使用すると足や歩行の健康にとって非常に危険であると私は考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。