Sri Vallabhacharya

Sri Vallabhacharya

Om Vishnupad 108 Tridandi Swami Sri Srimat Bhakti Sravan Tirta Goswami Maharaj ki Jai !!

12世紀から16世紀にかけて、インドではバクティ・ルネッサンスが起こり、その中でヴァイシュナヴィズムの5大派閥が生まれました。

各派は、スリ・ラマヌジャ、スリ・マドヴァチャリヤ、スリ・ニンバルカ、スリ・ヴァラバチャリヤ、スリ・クリシュナ・チャイタニヤという5人の偉大な聖者の1人によって設立されました。

シュリ・ヴァラバハリヤの「恩寵の道」であるプシュティ・マルグは、この5つのうちの1つで、今日、主にインド北部と西部の数千万人の人々によって信仰されています。 この流派は、スッダヴァイタ、すなわち “純粋な非二元論 “の哲学を持つ点で、ヴァイシュナヴィズムの中でもユニークな存在である。 ヴァイシュナヴァ、クリシュナ崇拝の伝統の中で、この伝統だけが、クリシュナがすべてであり、すべてがクリシュナであると教えているのです。

ヴァラバハーチャリヤのスッダヴァイタは、世界の存在を肯定し、それは真実で純粋で喜びのあるもので、神から分離したものではないとします。 この非二元論は、世界の存在を否定する、よりよく知られたアディ・シャンカラの「アドヴァイタ」とは異なるものです。

Pushti Margは、魂は神と一体であり、ブラフマンの三つの性質である永遠性、知性、至福(sat-chit-ananda)も個々の魂の属性であると肯定して、Sri Madhvaの二元論とは異なっています。

シュリ・ヴァラバハリヤは、確かにすべては神と一つであるが、神と個々の魂と世界の間には本当の違いがあると説いたラマヌジャとも異なっています。

恩寵の道の信奉者たちは、シュリ クリシュナの存在の甘露を、さまざまに洗練された感性で常に祝ってきました。 この道は、工夫のない霊的な道であり、シュリ・ヴァラバハリヤは、手段と目的をひとつと見なすべきだと教えています。

悟りの各レベルは神聖なリラ(劇)の一部であり、シュリ クリシュナは儀式の主人です。 それゆえ、結果は常に完璧です。 恩寵の道は、すべてをクリシュナとして、クリシュナ以外の何ものでもないと見なします。

幻想、すなわちマーヤは、単に知覚の対象であるため、世界のすべての対象や世界そのものは、実は完璧なのです。 それは、創造物を神の完全な現れと見なす、肯定的で献身的な世界観を包含する純粋な非二元論的な道なのです。

マヤは、世界が正しく認識されていないときにのみ生じます。 祝福された帰依者は、シュリ ラーダとシュリ クリシュナへの愛に満ちた帰依の奉仕以外に、解脱や他のいかなる形のヨガにも執着しません。

シュリ ヴァラバハリヤは、彼の信奉者からマハプラブジ(偉大なる存在)として親しまれており、1479年に南インドのテルグ バラモンのラクシュマン バットの息子として生まれました。 ラクシュマン・バットの先祖はヴェーダのソーマ・ヤグナを数多く行っており、クリシュナ神はラクシュマン・バットの夢の中に現れ、ラクシュマンが百回目の犠牲を終えたときに家族の中に現れると告げました。

その直後、彼の妻エラマガアルは妊娠しました。 当時、彼らはバナーラスに住んでいましたが、イスラム教徒の攻撃が迫っていたため、退去を余儀なくされました。 マディヤ・プラデーシュ州のチャンパランヤの森で、エッラマガアルはまだ生まれていない男の子供を産みました。

彼女は悲しげに幼子の体を木の窪みに納めました。 二人が道を進んでいると、「なぜ行くのですか」という心地よい声が聞こえました。

すぐに二人は木に戻ると、息子が生きていて、火の輪の中で楽しく遊んでいるのを見つけました。

火の要素はShri Vallabhacharyaの生涯を通じて重要な役割を果たしました。 彼はアグニ、または火(シュリ・クリシュナの顔から)の化身と見なされています。 火はまた言論のデヴァタ(神)でもあるので、彼はヴァカ・パティ(言論の主)と呼ばれています。

彼のShri Subodhini、Anubhasya、その他多数の献身的でヴェーダ的な著作に見られる有名な教えは、ヴァイシュナヴァの中心的な経典であるShrimad Bhagavatamや、様々なヴェーダンティックのテキストの内面的意味に光を当ててきました。

彼はシュリ ラーダとシュリ クリシュナの内なる美しさを体現しただけでなく、彼らのリラ(シュリマット バガヴァタムで語られる彼らの神聖なスポーツ)の完璧な目撃者でもありました。 彼の達成は、彼の帰依の教えを通して伝わり続けている稀な力を可能にしました。

ヴァラーバチャリヤの人生そのものがリラでした。 子供の頃、彼はすべての経典をマスターしました。 10歳の時、彼は巡礼の旅に出ることを決意した。 彼の母親は、その願いを聞いて悩んだが、彼の決意を察して、ついに承諾した。

ある夜、インド中東部のジャルカンダの密林で休憩していると、クリシュナ神が現れ、「私はあなたを待っている」と言われました。 ゴーヴァルダンの丘に来て、私のセヴァを行いなさい」

シュリ ヴァラバハリヤはヴリンダーヴァン(クリシュナ神が幼少期に住んでいた場所)の近くのゴーヴァルダンの丘に進み、シュリ ナートジのセヴァを確立しました。 当時、その寺院はレンガと泥でできた簡素なものでした。 その後、彼は石造りの寺院を建てるように手配しました。

そのシュリ・ナトジの神は1669年までそこに住んでいましたが、イスラム教徒の反感が高まり、多くの寺院が破壊されたため、ラジャスタン州のナトワラに密かに移されたそうです。

今日シュリ・ナトジーが住んでいるラジャスタンでは、ラジャスタン王の宮殿のような様式で、大きな新しい寺院が建設されました。 今日、その賑やかなダルシャン室では、シュリ クリシュナの崇拝、またはセヴァの洗練された様式を見ることができます。

プシュティ マルガは、実はシュリ ヴィシュヌ スワミの古代のバクティの系譜を引き継いでいるのです。 シュリ・ヴィシュヌ・スワミは、シュリ・ヴァラバハリヤに血統を与えるために、シュリ・ヴァラバハリヤの出現を待っていたと言われています。 それが終わると、シュリ ヴィシュヌ スワミは永遠の住処へと旅立ちました。

ヴァラーブの系統もまた、ルドラの系統に由来しています。 ルドラという言葉は、文字通り “泣くこと “を意味します。

シュリ・ヴァラバハリヤの激しい愛の道には、ブリジの祝福された乳母であるゴーピーたちが、ヴリンダーヴァンの弓の中で愛する主の存在を求めながら流した涙のエッセンスが含まれています。 彼は、自分の家でシュリ・クリシュナに仕えることが、完全な献身の愛に満ちた気分で、最高の崇拝の形であると教えました。

彼の献身的な運動は、すぐに西インドの大部分に広がりました。 今日、リネージホルダーとその信者は、主にラジャスタン、ウタープラデシュ、グジャラートで暮らしています。

献身は手段であり目的である

シュリ・ヴァラバハリヤは、献身的な練習は自分の家で行うべきだと強調し、それが恵みの道がほぼ完全に家人の系統であり続けた理由の1つである。

シュリ・クリシュナをゴクルの主、至高のブラフマン(神)として、また自分の家族の一員として敬うことは、帰依者の義務です。 人は常にバヴァ、無条件の愛の態度で彼に仕えなければなりません。

シュリ・ヴァラバハリヤは、献身は自分の身体、富、心霊を祝福された主に捧げることによって完成されると教えました。

シュリ・ヴァラバハリヤは、シュリ・クリシュナの完全な創造である世界に適合するように、自分の教えを作り上げました。 シュリ・ヴァラバハリヤは世界をシュリ・クリシュナの遊び場と見なし、彼に従う者たちに最高品質のものを提供するように促しました。

このことは、彼の恩寵の道の周りに最高の芸術、音楽、詩を出現させるきっかけとなり、シュリ クリシュナは明らかに彼の祝福された帰依者に応答し始めました。 詩人、芸術家、作家、王、イスラム神秘主義者、学者、そして、少数の動物でさえも、恩寵の道への入口を得て、帰依の甘露を味わいました。

この激しいラダ=クリシュナ崇拝の道は、スルダースやパラマンダースといった彼の時代の最高の詩人に受け入れられ、歌われています。 「シュリ クリシュナの体から甘露が溢れ出し、ブリンダーヴァンに向かって駆け出し、ヤムナ川とブラジャのゴーピーたちと合流したのです。 さらに数滴が3つの世界に散らばったが、カルマ(行為)や知識にのみ没頭している者には決して触れなかった。 それは神聖な気分を味わうことができる人の中にのみ留まります」

修行というテーマについて、シュリ・ヴァラバチャリヤは簡潔に述べています。 「シュリ クリシュナへの到達は、いかなる公式にも依存することはできません。 ラサラジャ・マハバヴァであるシュリ・クリシュナは、すでに到達した人々の道に従うことによって到達するのです。”

そうして、クリシュナに到達したヴリンダーヴァンのゴーピーたちは、道の恩寵に満ちたグルたちなのです。 また、もし神が特定の式によって捕らえられるなら、そのような囚人はもはや神ではないとも説明しました。

クリシュナがバターを盗んだ後、彼の母ヤショーダは、彼がそれを許せば、彼を縛ることができただけでした。 ブラフマンは閉じ込めることができませんが、シュリ クリシュナは帰依者の愛の紐で自分を縛ることを許します。 シュリ クリシュナは献身に応え、だからこそシュリ マハプラブジは「彼は甘美の主-madhuradipate .”

Lineage
Pushti Margはシュリ Vallabhacharyaの息子、シュリ Vitthalnathji (1516-1586) によってさらに発展し高められました。 あるとき、シュリ・ヴァラバハリヤが巡礼の旅に出ていたとき、パンダルプールのヴィッタル神(クリシュナの姿)がシュリ・ヴァラバハリヤに現れ、彼が結婚し、彼の息子として現れるようにと告げました。

Shri Vallabhacharyaの次男であるShri Vitthalnathjiはその化身となり、父の恵みに満ちた伝統を引き継ぎました。

アシュタチャップは皆、プシュティマーグの帰依行の中心であるシュリ・クリシュナの1日の8回のダルシャン(拝観)の時間に、シュリ・ナートジの前で自発的に作った詩を歌いました。

この日は、ヴリンダーヴァンで行われたような神の子の日を中心に展開されます。 最初の期間はマンガラで、主は柔らかな歌声で目覚め、朝食を差し出されます。 第二期のシュリンガーでは、頭からつま先まで飾られる。

第三の期間、Gwala(「羊飼い」)では、彼は牛飼いの少年として敬われます。

そして昼寝の後、クリシュナはウタパンの期間に目を覚まします。 5番目のBhogダルシャンでは、彼は森で果物を提供されます。 そして最後のダルシャンであるシャヤンでは、夕方のリラと就寝の様子が明らかになります。

さらに、礼拝は一年の季節によって調整されます。

シュリ ヴィタルナートジはシュリ グサインジとも呼ばれ、父と同じく献身に関する多くのサンスクリット語の著作を残し、恩寵の道の道標として賞賛されています。 彼には7人の息子がおり、彼らの子孫を通して、その系統の教えとイニシエーションが途切れることのない伝統として続いています。

現在の系統の長は、ナトドワラ寺院のティルカヤトです。 その座はシュリ・グサインジと彼の長男であるシュリ・ギリダールジから直接継承されています。 現在のティルカヤトはゴスワミ108シュリ・ダウジ・マハラジャです。

他にも150人以上のリネージホルダーがおり、すべてシュリ・ヴァラバハリヤの直系子孫である。 今日のヴァラバハリヤの伝統の主な寺院は、ゴクル、バナーラス(ウッタルプラデーシュ州)、ナトドワラ、カミーヴァン、カンカロリ(ラジャスタン州)、バローダとスラット(グジャラート州)にあります。

かつてシュリ・ヴァラバハリヤが神聖なゴクルの町にいたとき、クリシュナ神が現れて、ブラフマ・サンバンダ・マントラによって神聖な魂をプシュティ・マルグにイニシエートするように指示しました。 これはシュリ・ヴァラバハリヤの直系の子孫から帰依者に授けられるものです。 この奉献の後、バクタはプラサダ(神の恩寵)を受けて生活します。

Akbar and Shri Vitthalnathji
Pushti Margの伝統では、Shri Vallabhacharya、Shri Vitthalnathjiと彼らの弟子に関する物語が、信者によって毎日読まれています。

ある時、アクバル皇帝が重臣のビルバルに、ヴリンダーヴァンに行って、どうしたら早く神に到達できるかを聖者に聞くように言いました。 皇帝は大臣に3日間の猶予を与えた。 大臣は聖地に赴き、多くの著名な宗教家と対話し、様々な方法を説いた。 その結果、皇帝が喜ぶようなことは何も得られず、大臣は意気消沈して帰国しました。

父の状況を知った献身的な娘は、翌日アクバルに会うと名誉を失うことを知り、「お父さん、どうして心配するのですか」と助言しました。

翌日、大臣は皇帝に、彼の質問はGokulのShri Vitthalnathjiによって解決されるだろうと伝えました。 アクバルは、最大の謎を解き明かしたいという思いから、普通の服装に変装し、慎重にゴクルに向かいました。

彼が到着すると、Shri Vitthalnathjiがヤムナ川のほとりで祈りをしているのを見つけました。 彼は皇帝を認識し、彼を前に呼びました。

シュリ・ヴィッタルナートゥジは「私があなたを見るのと同じように」と答えました。 そして、「人間の偉大な支配者よ、あなたのような人と個人的に謁見するために、どれだけの護衛、大臣、顧問を喜ばせなければならないでしょうか? それは本当に面倒な手続きで、成功の保証はない。 しかし、もしあなたが私に会いたければ、私があなたに会うことがどれほど簡単であるかを見てください」
神への道は長く困難で、修行への誇りや間違った願望など、無数の障害に悩まされることがあります。 ですから、恩寵の道によれば、神を探し出すのではなく、ここに招き入れるのがよいのです。

クリシュナは来る
クリシュナはここに招かれるのだから、この世を捨てる必要はないのです。 かつて、シュリ ヴィタールナートジがサニヤーサを受けて出家僧になろうとしたとき、その意図を知った子供のクリシュナ(シュリ ナヴァニータ プリヤジ)が、自分もサニヤーサを受けるとアチャリヤに伝え、子供のクリシュナの服をすべてオレンジに染め上げました。

その瞬間、シュリ ヴィタルナートジーはサニヤーサという考えを捨てました。 恩寵の道では、離俗はクリシュナを愛し、すべてを彼に捧げることによって発展します。

シュリ・ヴァラバチャリヤは指示しました。 「すべてはシュリ クリシュナであるという教えであるブラーマヴァーダによって、シュリ クリシュナに心を集中しなさい。 シュリ クリシュナの道に確立された者は、この世から自由です。 したがって、人は自分のアートマ(魂)の中の喜びの海にいる彼について考えるべきです」

シュリ クリシュナは、あらゆる物質の属性をまったく持たないという点でニルグナ(超越的、無個性、属性なし)ですが、神の性質に満ちているためサグナ(内在、形成)です。

今日、シュリ・ヴァラバハリヤの教えと精神は彼の家系に永続し、インドのディアスポラとともに、彼の信者は世界中に居住しています。 彼の恩寵の道は、『シュリマド・バガヴァタム』に描かれているように、シュリ・クリシュナを崇拝するよう私たちを鼓舞しています。 そこでは、シュリ クリシュナの多次元的な側面がはっきりと示されています。

彼がカムサのレスリング競技場に入った時、彼の両親は彼を息子として見、スタンドの女性たちは彼を愛の化身として見ていました。 参列していたヨギは彼を絶対的で汚れのないブラフマンとして観察し、牛飼いの若者はクリシュナを彼らの友人として見ていました。 力士はただ彼を強大な敵と見なし、カムサ王は神聖なカウラッドを死の擬人化と見なしました。 それぞれが彼との関係を通じて解放されたのです。

Shri Vallabhacharyaはクリシュナのリラプレゼンスについて説明しています。 “クリシュナは、名前と形の多くの顕現の中で遊び、その変化から世界が現れました。” シュリ クリシュナは、帰依者の願いを快く叶えてくれます。

クリシュナへの帰依の実践は、変容をもたらします。 ガンガーにこぼれた側溝の水がガンガーになるように、同様に、恩寵の道では、すべてのものが捧げられると、クリシュナのように、束縛から解放された状態になります。

帰依の過程では、すべてが祝福された主へと導かれます。 まず、シュリ クリシュナはブラフマンであり、究極の崇拝に値するという微妙で祝福された理解が生まれます。

そして、彼との特定の関係への願望が生じ、それに続いて実践が行われます。

シュリ・ヴァラバハリヤの時代は、帰依の復活の時代でした。 私たちはシュリ・ヴァラバハリヤとシュリ・クリシュナ・チャイタンヤの間で多くの友好的な会合があったことを読みました。

シュリ・ヴァラバハリヤが52歳の時、シュリ・クリシュナは彼に彼の永遠の住処に戻るようにと頼みました。 アチャリヤはバナーラスに引きこもりました。 数週間後、彼は息子たちをそこに呼び、最後の教えを授けました。 もしあなたがシュリ クリシュナに背を向けることがあれば、このカリの時代はあなたの身体、心、意識を蝕むだろう」

そしてクリシュナ神が現れ、すべての忠実な信者の面倒を見るという祝福を与えられました。 シュリ・ヴァラバハリヤは「ゴーピーギーター」(ゴーピーの歌)を歌いながら、ガンガーに入りました。

何千人もの人々の前で、彼はかつて現れた神の火の中に溶け込みました。 彼はその身体でリラに入り、祝福された主のもとに留まり、この世で優雅に生きるという吉祥のメッセージを私たちに残してくれました。

Sri Sri Vallabhacharya Goswami ki Jai !!!

Jai Sri Radhey

Jai Guru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。