REVIEW: U2 live in Auckland

Frontman’s random rant mars an epic night of nostalgia.

Bono of the Irish rock band U2 performances during "Experience + Innocence" tour at the United Center in Chicago on May 23, 2018. / AFP PHOTO / Kamil Krzaczynski

Photo: AFPまたはライセンサー

彼は、ほとんどの部分において、それを抑えていた。 マウント・スマート・スタジアムで行われた昨夜のパフォーマンスの前半では、ボノのエゴはほとんど失われていたと言ってよいだろう。 U2は最新のツアーでノスタルジアの流れに乗り、グラミー賞を受賞し、チャート上位にランクインした1987年のアルバム『The Joshua Tree』をフルで演奏し、将来有望なアイルランド人ロックバンドをアリーナを騒がせるスーパースターに変身させた。

ストリーミングとSpotifyの時代にアルバム全体を配信するのは、U2がロックの革新者としての時代は終わったと考えている譲歩であるかもしれない。

このツアーで彼らが選んだオープニング・アクト、元気いっぱいのノエル・ギャラガー(以前のスタジアム公演ではカニエ・ウェストやジェイ・Zと比較された)は、確かにその考えを裏付けるだろう。

だが、あのヒット曲満載のレコードはファンにとってまだ多くの意味があり、その事実は昨夜のショーがすぐに売り切れ、今夜のライブもその方向にあるということが証明している。

さらに、2010年以来、ここでのU2の最初の大きなライブでは、このアルバムはバンドにとっても明らかに大きな意味をもっていた。 Dara Munnis

スタジアムの中央にある小さなステージで、喉を鳴らしながらヒット曲を披露した後、ボノとその仲間は、このスタジアム・ロックというものを正確に理解しているバンドならではの威勢のよさで、ジョシュアツリーのどこにでもあるようなヒット曲を披露してくれました。

ファンは、もっとやりたいと叫び、飛び跳ね、それに酔いしれ、まるでU2の教会でファンを崇拝しているかのような熱狂ぶりだった。 彼らはツアー・コンサートで使用される史上最大のスクリーンを持参し、スタジアムを埋め尽くす巨大なスクリーンに、アルバムのジャケット・デザイナーであるアントン・コービンによる酔わせるビジュアルを各曲と対にして映し出しました。 Dara Munnis

‘Where the Streets Have No Name’はスローモーなロードトリップに合わせました。 I Still Haven’t Found What I’m Looking For」は、陰鬱な森の散歩道と共にやってきました。 もっと厄介なのは、フードをかぶった女性たちが自分たちのロウソクを吹き消す「Mothers of the Disappeared」だった。

比喩は明らかだったが、堂々としたスケールは、ドナルド・トランプ(この夜、良い意味ではなく、何度も言及されていたが)が誇りに思うであろう巨大なビデオ壁で印象的だった。

バンドがシングル曲ではない「Bullet the Blue Sky」と「Exit」を、そのように設計された反抗的な叫びとして披露したとき、これはエッジがMt Smart Stadiumの隅々にまで彼の壮大なギターを響かせるための単なる口実にとどまらないものになりそうだと示唆されました。

1986年にバイク事故で亡くなったバンドのキウイのローディ、グレッグ・キャロルに捧げる「One Tree Hill」の心からの、そして今や伝統的なトリビュートも、そのスケールに拍車をかけていた。

U2のキウイのローディ、グレッグ・キャロルの画像。バンドのMt Smart Stadiumコンサートにて投影される

U2のキウイのローディ、グレッグ・キャロルの画像。 Dara Munnis

アンコールまで、ボノはとても行儀よくしていた。 ショーの前半では、移民や自由、アイルランドの歴史、アメリカの政治的な問題などについて、少し奇妙なことを考えたりもした。

U2 perform live at Auckland's Mt Smart Stadium

U2 perform live at Auckland’s Mt Smart Stadium Photo.Bonoはこの夜の最大のアンセム「Elevation」と「Vertigo」を切り裂き、ほとんどの59歳はおそらくしてはならないことをしながらステージ上のランウェイを駆け抜けました。 Dara Munnis

それから彼は一時停止し、「Even Better Than the Real Thing」の前に、ボノはキウイの観客の不安感を諭し、自分をシャーマンと呼び、そして「誇大妄想症と診断された…そしてそれは悪化している」と宣言し、

最後に、不可解なことに彼は叫んだのです。 「ポールは死んだ.

それは、この夜で最もばかげた瞬間であり、リッキー・ジャーヴェイスがそのキャリア全体を基盤にしたモキュメンタリー領域に危険なほど近づいた、本当に起こったばかりの数分間であった。 物事は陳腐になった。 ビューティフル・デイ」はロック・ソングのフォンデュのようで、「ウルトラヴァイオレット(ライト・マイ・ウェイ)」の説教臭いチャリティーや、不愉快なバラード「ラヴ・イズ・ビガー・ザン・アニシング・イン・ザ・ウェイ」に続くと、ショウはバンではなく、少し気絶した感じで終了しました。

しかし、もしこれが本当に彼らに残されたすべてだとしたら、誰かがボノに、歌が輝くように芝居のトーンを下げるように警告したいかもしれない。

  • U2は有名なガイドに敬意を払う
  • U2 スーパーファンは、行列を占拠して地元の人々を動揺させている
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。