Review: ウリナラタウン Awful Title – Wonderful Show

Mikko Juan (center) as Bobby Strong and the company of Urinetown (Photo Credit Jeff Carpenter)

Mikko Juan (center) as Bobby Strong and the company of Urinetown (Photo Credit Jeff Carpenter)

Urinetown, the Musical playing at Seattle’s Act Theatre through June 2, 2019. チケットや情報はこちら

「Urinetownって何? ウリナラタウンは終わりなのか?” ブロードウェイの舞台で流された、最も奇妙な名前のミュージカルの一つであるこの作品の歌詞はこうだ。 社会だけでなく、ヨーロッパの都市の有料トイレを風刺するために書かれたミュージカル「Urinetown」は、良い音楽と才能に溢れ、ユーモアと風刺に満ちた、完璧な脱出ショーです。 水位が非常に低くなり、沈殿して汽水域になっている。 コールドウェル氏は公共施設を所有する会社(The Urine Good Company)の社長で、そのため貧しい人々に毎日3回おしっこをするように請求しています。 従わない者は(藪の中に入ったり、支払いを拒否したりして)検挙され、「ユリタウン」に送り込まれる。 ボビー・ストロングはそのような施設で働き、偶然にもボスの娘で若く楽天的で無邪気なホープ・コールドウェルに出逢う。 二人は恋に落ち、ホープはボビーに「自分の心の声を聞く」ことを教える。 彼の心は、人々が「好きなだけ、好きな時に、好きな相手と」自由におしっこができる場所に憧れているのだ。 ボビーは触発され、ホープの父親に対する公然の反抗を開始し、ゴロツキ集団に耳を傾けさせ、自分の心に従うように仕向ける。

敵役のコールドウェル氏には、イアン・マクシェーンに身体も声もそっくりなカート・ビーティが扮しています。 彼の悪役は生きたアニメーションであり、物語の中で彼の役割を示すのに十分な威圧感を与えている。 彼のステージでの存在感は、威圧的でなく力強く、声はクリアでありながら、微妙に悪のニュアンスを含んでいる。 マリ・ネルソンはペネロペ・ペニーワイズ役で、反乱の発端となる公共施設を経営する女性だ。 彼女は「フィリス・ディラー」のような人物像で、見ていて楽しい。 特に「It’s a Privilege to Pee」のアンセムを力強く、クリアに歌い上げる彼女の声は強烈だ。

Mikko Juan as Bobby Strong and Sarah Rose Davis as Hope Cladwell in Urinetown (Photo Credit Jeff Carpenter)

Mikko Juan as Bobby Strong and Sarah Rose Davis as Hope Cladwell in Urinetown (Photo Credit Jeff Carpenter)

シアトルの舞台ではおなじみのブランドン・オニール氏は、非公式ナレーターとしてロックストック・オフィサーを演じています。 彼の豊かな声は、まるでヴィーナス・フライ・トラップのように私たちを誘い、その音は心地よく、歌詞は鋭い。 オニールの舞台での存在感は、ロックストック巡査の好感の持てる、微妙に煮え切らない力にぴったりです。 的場有香は、リトル・サリーというキャラクターを演じている。 オッケー。 この女性は、出演するすべてのシーンで、ショーの舵を切っています。 的場さんは、見た目は小さな無邪気な生き物のようですが、その舞台での存在感は強く、強烈なインパクトを与えてくれます。 このキャラクターは、色あせたキューピー人形のような無邪気な皮肉で甘ったるく見えるが、ショーの中で最高のセリフを言うキャラクターなのである。 ブラバ、ミスマトバ、ブラバ!

Sarah Rose Davisは、尿の大物の若い娘、ホープ・コールドウェルを演じています。 デイヴィスさんは、力強い歌声と生き生きとした舞台姿に、コミック本のような純真さを加えて、楽しく素晴らしい演技を見せてくれます。 楽観的な “Follow Your Heart “を歌う彼女の声は、聴いていて心地よい。 パワフルな父親とのやりとりも、ボビー・ストロングとのロマンスの始まりも、デイヴィスさんはチャーミングに演じている。 反抗的なボビー・ストロングを演じたのはミッコ・フアン。 ホープと出会うまでは、シャイな印象が強かった。 ボビー・ストロングは、ホープと出会うまでは内気な性格だったが、彼の情熱的な演技に観客は圧倒され、劇場に楽観的な雰囲気が漂う。 フアンさんは、”Look at the Sky “やゴスペル風の “Run, Freedom, Run “などで力強い歌声を披露している。 今回がACTデビューとなるフアンさんですが、今後もシアトルの舞台で多くの役を演じてくれることを期待しています。 楽しいだけでなく、観客がつま先をたたくような軽快な音楽と、一緒に笑えるストーリーが魅力です。 政治的な寓意は見逃せないが、圧迫感はまったくなく、観客は肩にかかる圧力を簡単に受け流し、腰を下ろしてこの素晴らしいミュージカル脱出劇を楽しむことができる。 ボビー・ストロング役のハンター・フォスター、コールドウェル役のジョン・カラム、ペニーワイズ役のナンシー・オペルが出演し、トニー賞の9部門にノミネートされました。 トニー賞では、最優秀オリジナル・ミュージカル賞、最優秀オリジナル・スコア賞を含む3部門を受賞しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。