Politics and religion, 1640-1800

1642年の内戦前夜、ウェールズでは王党派の大義に多くの共感が集まっていた。 しかし、エセックス伯ロバート・デヴリューやトーマス・マイドルトンのような地主や、作家モーガン・ルウィドやマエシガルネードの熱心な軍人ジョン・ジョーンズのような清教徒を支持する人々もいた。 しかし、ピューリタンの影響力と商業的なコネクションが議会の支持を獲得したのは、主に国境沿いの郡とペンブルックシャーであった。 ウェールズに議会の権力を押し付け、王党派の財産を差し押さえたことは反感を買い、ピューリタンの宣教師たちは、この地の暗黒と思われる場所で労働をすることになったのである。 ウェールズ福音伝播法(Act for the Propagation of the Gospel in Wales)」(1650年)は、政治と宗教の両方を網羅する強制的な権限を設定したが、国家の介入はほとんど生産的ではなかった。

それでも、摂政期には反対派集会が結成され、現代のウェールズ生活に根強く影響を与えるいくつかの基礎を築くことになる。 最も急進的だったのはクエーカー教徒で、特にモンゴメリーシャーやメリオネスで躍進し、英国との国境地帯だけでなく、ウェールズ語圏の中心部にも浸透していきました。 彼らは教会関係者や他の反対派から反感を買い、ローマ・カトリックだけが経験する厳しい弾圧を受け、大量にペンシルベニアへの移民を余儀なくされた。 一方、会衆派やバプテスト派の小さな集まりの教会は、その神学がカルヴァン主義であり、信仰と個人の行動が教会規約で示された厳格な規範に支配され、農村地域や小さな町に反対派の伝統を確立した

18世紀には、メソジストが新しく、強力な影響を与えるようになった。 1735年以降の激しい復興運動によって始まったメソジスト教は、地方協会と中央協会によって既存の教会の中で維持された。 しかし、旧ディセントと新メソジズムの複合的な影響により、ウェールズの人々の宗教的信奉は、既成教会を犠牲にして変容していったのである。 グリフィス・ジョーンズ(Griffith Jones)をはじめとする無数の学識者や献身的な人々が奉仕し、その循環学校は識字率の向上に計り知れない貢献をしたが、教会は貧困と不十分な指導力に悩まされた。 805>

18世紀のウェールズに影響を与えたのは、メソジストとディセンションだけではない。 伝統的な庇護源にもはや頼ることができない土着文化の回復力は、英国化の進行によって脅かされた文化遺産を守ろうとする愛国心に表れていた。 その推進者たちは、エドワード・ルイドをはじめとするウェールズの学問的成果を利用したものの、ケルト神話やイギリスのドルイド教に思いを馳せるロマン派古学者の仕事を批判的に評価できる学術機関はウェールズには存在しなかったのである。 しかし、18世紀の文化運動は、その欠点にもかかわらず、工業化以前の社会が遺産を保護するための機知を示す重要な表現であった。 その中心人物の一人がエドワード・ウィリアムズ(Iolo Morganwg)である。彼は、文学と歴史の研究を幅広く行い、フランス革命に触発された政治的急進主義を代表する人物でもあった。 急進的な信念を持つ者はごく少数であり、奇人や優秀な国外居住者もいたが、彼らの努力はウェールズ独自の政治意識の出現という重要な段階を迎えた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。