Magnetic Fields at Uranus

Abstract

探査機ボイジャー2号の磁場実験により、天王星の強い惑星磁場とそれに伴う磁気圏、完全に発達した双極子尾の存在が確認された。 太陽風超音速流の離脱船首衝撃波は天王星半径23.7(1RU=25,600km)の上流で、磁気圏境界は惑星-太陽線付近の18.0RUで観測された。 また、最接近直前の 4.19 RU では、413 ナノテスラの極小磁場が観測された。 初期解析の結果、惑星の磁場は惑星の中心から 0.3 RU 離れたところにある双極子の磁場によってよく表されることがわかった。 天王星の角運動量ベクトルと双極子モーメントの角度は、60度という驚くほど大きな値になっています。 このため、天王星の場は、天体物理学的に言えば、斜め回転体であると言えます。 0.23ガウスR3Uの双極子モーメントと大きな空間オフセットにより、惑星表面の磁場の最小値と最大値はそれぞれ約0.1ガウスと1.1ガウスである。 磁場の自転周期は17.29±0.10時間で、磁気圏尾部も同じ周期で惑星-太陽線を中心に回転していることがわかる。 オフセットと傾きが大きいため、オーロラゾーンは自転軸極から遠く離れている。 リングと月は磁気圏の奥深くにあり、大きな双極子傾斜のため、閉じ込められた放射線帯粒子の吸収体として、大きな影響を日変化で与えるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。