Long-term evolution of Valsalva retinopathy: a case series

Individual patient data at baseline and final examination are presented in Table 1.患者データは表1の通りである。 図1、2、3、4は全症例の眼底写真である。 図5は、症例2の患者の光コヒーレンス・トモグラフィー画像である。

Table 1 ベースラインと最終検査の患者データ
Figure 1
figure1

強いおう吐が病因の患者(ケース1、2および3)における(A)のベースライン検査と(B)の手術後の資金調達のための写真。 図2

figure2

胸腹部外傷によるバルサルバ網膜症(症例4)の手術前後の眼底写真である。

図3

figure3

激しいダンスによるValsalva網膜症(症例5)手術前後の眼底写真とOCTです。

図4
figure4

ウェイトリフティングによるValsalva retinopathyで、自然治癒(6例)時の眼底写真と最終診察時の写真。

図5
図5

以前Nd-YAGレーザーで治療したが成功しなかった患者のガラス切除前と後の光干渉断層撮影(2症例)。

症例1

32歳の白人男性が消化器疾患に伴う強い嘔吐後に片側黄斑前出血を発症しました。 嘔吐直後に急激な視力低下に気付いた。 初診時の視力(VA)は0.02(10進数表記)であった。 出血ポケットが深く網膜にダメージを与えないため、Nd:YAGレーザー治療を試みました。 この治療は血液が凝固して閉じ込められているためか、不成功に終わりました。 そこで、20G 3ポート硝子体手術が行われました。 後部硝子体剥離は既に存在しなかったため、作成しました。 内境界膜(ILM)を解除し、出血を洗浄した。 出血のILM下局在は硝子体手術中に確認された。

VA値は術後1日で改善し、1週間後には10/10となった。

症例2

36歳の白人女性は、妊娠8ヶ月目に嘔吐した後、片側の突然の視力低下を来した。 初診時の視力は0.1であった。 眼底検査で巨大な黄斑前出血を認めた。 前例と同様に,胎児へのリスクを考慮し硝子体手術ができないため,Nd:YAGレーザーによる治療を試みました。 レーザー治療は不成功に終わりました。

陣痛後、前述と同じ手法で23G pars plana vitrectomyが行われました。 出血のILM下局在も硝子体手術中に確認されました。

手術後24時間で視力は改善し、7日後には10/10となりました。

症例3

52歳の白人男性が、頸部脂肪腫手術の全身麻酔に伴う強い嘔吐の後、視力の低下を訴えた。 片側黄斑前出血を発症していた。 初診時の視力は0.02(10進数表記)であった。

4週間かけて出血の経過を観察することにしたが、この期間では大きな変化は認められなかった。 その後、23G 3ポートパルスプラナ硝子体手術を行いました。 手術手技は既述と同じである。 出血のILM下局在は硝子体手術の際にも確認した。

手術後1日でVAは改善し、6日後には10/10となった。

症例4

24歳の白人男性が交通事故により胸腹部外傷を受けた。 初診時、円板径6枚分の巨大な黄斑前出血を認めた。 視力は0.05であった。 前例と同様に4週間経過観察した後、前回と同じ手法で23G3ポート硝子体手術を行うことにしました。 視力回復は良好で、術後1週間でVAは10/10となり、116ヶ月の経過観察中も安定していました。

症例5

28歳の男性が、激しいダンスの24時間後に右眼の突然の視力低下を訴えました。 初診時,円盤径2枚の大きさの黄斑前出血を認め,VAは0.02であった。 3週間臨床観察を行った後、前述したように23G硝子体手術を施行した。 硝子体手術では,他の報告例と同様に出血のILM下局在を確認した。

硝子体手術の開始時に網膜破断とその周囲に,経穴麻酔操作に関連した小出血を認めた。 この合併症は,手術終了時に破断部周辺にアルゴンレーザーを照射し,流体-ガスSF6(六フッ化硫黄)交換を行うことで無事に解決した。 その4ヵ月後に白内障を発症し,超音波乳化吸引術と眼内レンズ挿入術を施行したが,合併症なく終了した. 26ヶ月後のVAは1.0(10進数表記)であった。

症例6

22歳の白人女性が、重量挙げに参加した3時間後に右目のかすみを訴えて救急外来に来院した。 黄斑部に小出血を認めたため,保存的治療を行うこととした。 1ヵ月後,出血は自然に治癒し,視力は10点満点に回復した

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。