Let’s focus on Validated Learning instead of Failing

失敗を何としても避けなければならないウォーターフォール デリバリーのバックグラウンドから来た私は、アジャイルの失敗に対する寛容さに驚かされました。 誰かが「学ぶためには失敗する必要がある」というマントラを繰り返すのを聞くたびに、一切れのケーキがあったら、数か月前にダイエットを始めなければならなかったでしょう。 また、「何が起こるか見てみよう」「途中で何かを学ぼう」という自由裁量だと思われがちです。

はっきり言っておきますが、私は失敗から学ぶことの力を完全に信じています。 成功した起業家の多くは、失敗から学び、やがて成功を収めています。 何が起こるかわからない」というアプローチの問題点は、往々にして無駄が生じることです。 リソースが限られていたり、競争上のプレッシャーがあったりして、時間が重要な要素になることはよくあります。

さらに問題なのは、「失敗して学ぶ」ことがその場しのぎの対応になってしまっていることです。 エリック・リースがリーン・スタートアップで指摘したように、

「学習は、実行に失敗したときの最も古い言い訳である」。 約束した結果を達成できなかったときに、経営者が拠り所とするものです。私たちは、学んだことを実証することになると、非常に創造的になります。 仕事、キャリア、評判がかかっているときは、誰でもいい話をすることができます」

ただ「何が起こるか見る」のではなく、リースは「検証された学習」を提唱しています。 検証された学習とは、”選択した方向が正しいかどうか、すぐに検証できる小さな進歩の単位 “のことです。 検証された学習の理論は、起業家に、顧客にとって最も重要なことを継続的に検証し、測定することを奨励しています。

最小実行可能製品(MVP)という用語は、「チームが最小の労力で顧客に関する検証された学習を最大量収集できる、新製品のバージョン」として定義されています。 このため、起業家は、自分(または彼女)がどのような学習を検証したいのか、言い換えれば、どのような質問に答えたいのかを事前に理解しておく必要があります。 これらの質問または仮定は、その時点で利用可能な情報に基づいて、可能な限り測定可能で正確である必要があります。

The Scrum Guideもこの考え方を支持し、「経験主義」という用語を使っています。 経験主義とは、証拠、事実、および経験に基づいて意思決定を行うことです。 定期的な検査と適応により、スクラム チームは仮定を検証し、継続的な漸進的改善のサイクルに入ることができます。

「スクラムは経験的プロセス制御理論、すなわち経験主義に基礎をおいている。 経験主義は、知識は経験から得られ、知られていることに基づいて意思決定を行うことを主張する。” (Scrum Guide 2017)

検証された学習はスクラムに根付いている。 その漸進的で反復的な性質のため、スクラムチームはスプリントごとに継続的に学習することができる。 明らかに、失敗があります。 最初からすべてを正しくすることは不可能である。 しかし、チームはこの失敗からの学習を次のスプリントに持ち込むことができるので、影響は限定的で管理されたままであるべきです。

さらに、その定着した柔軟性により、スクラムはチームがユーザー中心になることを推奨しています。 これにより、エンドユーザーとの仮定を早期に検証することができます。 このような検証手法の例としては、ユーザー調査、プロトタイピング、A/B テスト、または分析による KPI の測定があります。 しかし、失敗は決してそれ自体が目的であってはなりません。 常に、何を学びたいのか、何を検証したいのかを理解することに主眼が置かれるべきです。 ですから、私は親切にも、学習に対する「どうなるか見てみよう」というアプローチはやめていただきたいと思います。 誰かが「いろいろなことを学ぶ」と言うのを聞くたびに、「具体的に何を、どのように学ぶのか」と答えてください。

Serious Scrumに書きたいですか、スクラムについて真剣に話したいですか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。