Forensic autopsy

法医病理学者は、単なる死因にとどまらず、致死的、非致死的を問わず、刑事訴訟や民事訴訟に一切関係しないあらゆる事実を立証しなければならない。 死因は、遺体を開けたときに自動的に明らかになるものではなく、孤立した有形かつ限定された実体ではなく、メカニズムや出来事に関する概念-意見-であり、そのため、時には解釈の相違が生じることがある。 法医解剖の目的は、死因が自然死であるか否かを判定することである。 死因(例:自殺)を確定するためには、死亡状況の評価が重要となるため、医事法上の死亡現場調査の経験が重要となる。 検死ではそれ自体で意図を決定することはできないが、現場や状況が紛れもない証拠となる場合がある。 写真による記録は、医学的剖検において重要である。 死後の検視は、他の潜在的な死因を除外するために常に完全でなければならず、したがって、決して部分的な調査にとどまってはならない。 死者および死体から採取したすべての検体の身元確認は非常に重要であり、死亡時刻と血液型は可能であれば確定しておかなければならない。 すべての剖検において、特に法医学的事件においては、実際の処置中に所見を速記者または記録計に口述しなければならない。 この記録はしばしば法的証拠となるため、完全かつ正確でなければならない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。