Commencement

Marin Alsop

Music Director, Baltimore Symphony Orchestra

Marin Alsop は音楽には実際に人生を変える力があると証明してくれました。 指揮者、教育者、そして芸術の主要な支持者として、マリン・アルソップはエネルギー、洞察力、誠実さをもって、驚くほど多様な聴衆のために最善を尽くすよう、音楽家を鼓舞しています。

2007年よりボルチモア交響楽団音楽監督、2012年よりサンパウロ交響楽団首席指揮者&、2019年よりORFウィーン放送交響楽団首席指揮者として、4世紀にわたるレパートリーで世界的に高い評価を受けている。 フィラデルフィア、クリーブランド、シカゴ、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロイヤル・コンセルトヘボウ、スカラ座フィルハーモニー、パリ管弦楽団、バイエルン放送交響楽団、ロンドン交響楽団、ロンドン・フィルハーモニー、BBC交響楽団、啓蒙の時代のオーケストラなど、世界の主要オーケストラのほとんどに客演している。 2013年9月、アルソップはロンドンにおけるBBCの「プロムスの最後の夜」で初の女性指揮者として歴史を刻み、2015年には直ちに再招聘された。

アルソップは、その豊富な録音を含め、数多くの賞を授与されている。 レナード・バーンスタインの弟子として、クーセヴィツキー指揮賞を受賞し、権威あるマッカーサー・フェローシップを受賞した唯一の指揮者である。 また、ピーボディ音楽院の大学院指揮科のディレクターも務めている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。