貴重な肥料を無駄にしないために-コンポストパイルにおしっこを|食べる庭

コンポストにおしっこをしていませんか? そうすべきです!
なぜか、と聞かれたら? なぜなら、人間の尿には、植物が成長するために必要な窒素が豊富に含まれているからです。 土壌に窒素を加えるために広く使われている化学肥料は、私たちの環境と健康に大きな代償を払っています。 化学肥料は、藻類の繁殖、海の藻屑、飲料水の汚染、人体の健康問題などを引き起こす。 一方、私たちは毎年、何十億トンもの無料の自然発生窒素をトイレに流しているのです。

Compost by Eve Fox, the Garden of Eating, copyright 2014

私はパーマカルチャーと食べられる森のエキスパート、デイブ・ジャックからこのアイデアを初めて学びました。彼は今年の春先にウッドストックに新しいソーン保護区の土地を歩きに来た時のことです。

Dave によると、コンポストにおしっこをすることは、土壌中の窒素などの必須ミネラルを補充する、完全に無料で無害な素晴らしい方法だそうです。 さらに一歩進んで、バイオチャー(木材を酸素なしで燃やしたときに残る純粋な炭素で、ミネラルや栄養素を驚くほど吸収・吸着する)を作り、その上におしっこをすれば、自然で長持ちする植物の栄養補給システムを作ることになるのです。 また、バイオ炭の製造に踏み切れない場合は、薪ストーブやキャンプファイヤーの灰をコンポストに入れ、その上におしっこをかければいいのです。 ネパールのカトマンズで行われた実地調査では、人の尿と堆肥を施したピーマンが、試した8つの処理の中で最も多くの実と高い株を収穫したことがわかりました。
また、フィンランド大学の研究者が率いた別の調査では、人の尿と灰の混合物を施した温室トマトが、施肥しない植物よりも4倍近くトマトを収穫したことが判明しました。 尿だけを与えたトマトは、収穫量は少し多かったが、背丈や強さはそれほど大きくならず、マグネシウムの含有量も、灰と尿の両方を与えたトマトより少なかった。 研究者によれば、1人の人間が1年間におよそ6,300本のトマトの苗に十分な量のおしっこを与えることができ、2.4トンのトマトを収穫することができるという。 それはたくさんのトマトです。

Ulster Germaid tomato from our garden by Eve Fox, Garden of Eating blog, copyright 2012

このアイデアは多くの人にとって新しいかもしれませんが、実はかなり古いものなのです。 ネパールの農家は、何世紀にもわたって、作物に尿を与えてきました。 また、「夜の土」(別名、人糞)は、日本では第二次世界大戦まで、中国では1960年代まで、伝統的な肥料として使われていました。 しかし、私は「人糞」を使うことをお勧めしません。非常に不快な要素に加え、病原菌や重金属関連の落とし穴があまりにも多く、家庭での使用には安全性や実用性がありません(さらに、そこに行きたいと思う人は本当にいるでしょうか)
人尿中のホルモンや医薬品の残留について懸念を示す人もいますが、理想的には、コンポストが十分に高温になって尿中の有害な残留物が焼き切れることが望ましいのです。 商業的に運営されている堆肥化施設では、肉くず、骨、段ボール、ワックスがけ紙、殺虫剤や除草剤を含む芝生の刈り込みなど、あらゆる廃棄物を、有機認定を受けた農場でも使用できる豊かな土に変えることができるのは、この堆肥化の魔法と同じなのです。

Liquid Gold: このような、「植物が育つために尿を使用する」ことについては、キャロル・スタインフェルド氏

が、「Liquid Gold」の著者であるキャロル・スタインフェルド氏によると、次のように語っています。 Liquid Gold: The Lore and Logic of Using Urine to Grow Plantsの著者であるCarol Steinfeldによると、私たちアメリカ人は毎年およそ1200万エーカーのトウモロコシを肥やすだけの窒素を漏らしているそうです。 もしあなたがペニスを持っていないなら、バケツに小便をして、ペニスを持っている人にその優れた上半身の力を利用して、あなたのためにそれを堆肥まで運んでもらうことができます。
我が家では、薪ストーブの灰を堆肥の山に入れ始め、機会があるごとに(たくさんですが)その上でおしっこをしています。

  • 自分でニンニクを育てる
  • 外来植物を駆逐することはできるのか?
  • コールドフレームで成長期を延長する & フープハウス

For more delicious recipes, drool-worthy photos, giveaways, and food-related inspiration “Like” the Garden of Eating on Facebook, or follow me on Twitter or Pinterest.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。