織りの工程

Tilfi では、バナラシー・テキスタイルの伝統の豊かな語彙の上に、私たちのデザイン美学が慎重に構築されています。 ティルフィの織物の多くは伝統的なものですが、その芸術性、素材や職人技の信頼性、複雑なノウハウの崇高な実現により、それぞれがユニークなものとなっています。

流行に左右されない美しさを持つ織物をデザインしようとすると、古典的なモチーフや柄に目が行きがちです。

織物のデザインが決まると(手描きまたはデジタルで)、それを大きな方眼紙にインチ単位で移し替えるのです。 この工程は「Likhai」と呼ばれ、地元では「Nakshaband」と呼ばれるグラフィッカーによって行われます。 緻密に設計されたナクシャは、「ナクシャパッタ」と呼ばれる厚紙の型紙に手作業で穴を開ける設計図の役割を果たす。 1インチの布に換算される格子の数が多いほど、織物の複雑さとレベルが高くなります!

ナクシャパタは鎖のような構造でつながっており、ジャカード織機に取り付けられています。 カードは集合的に、モチーフを織る過程で必要な糸を持ち上げるために必要な機構を形成し、布にパターンを反映させる手助けをするのです。 バナラシーサリーのデザインによっては、数百枚から数千枚のカードが必要になることもあります。

素材:

原料の調達とその使用可能性の確認は次の重要なステップです。 様々な産地から輸入された様々な品質の絹糸を選ぶところから始まります。 生糸はブロケード用に特別な加工が施され、その工程はかなりの忍耐と労力を必要とします。

巻き取り:

巻き取り(糸を束ねる)の工程では、糸は別々に巻き取り機に取り付けられ、縦糸(タナ)はシャトル(ダルキ)に巻かれます。

染色:

特定の色に糸を染めるには、通常、糸のリールまたはチーズを染色槽に浸します。

製織:

全体の工程のうち最も複雑なのは製織で、サリーは手織機で織られます。 伝統的には、バナラシーサリーはジャカードピット織機で織られます。 タナ(縦糸)は、織機で張力をかけられ、持ち上げられます。 縦糸であるバナ(緯糸)は、シャトルに入れられます。 シャトルが往復することで、経糸と緯糸が織り合わされます。

反復:

柄の色を選びバランスをとること、私たちは「ミーナ・マッチング」と呼んでいますが、これはデザインプロセスの不可欠な部分であり、おそらく、手織り布の美的魅力を決定する最も大きな要素の1つでしょう。 そして、その選択を評価するためにスワッチを織ります。 デザインチームと織物職人が何度も話し合い、美しいサリーが完成します。 仕上げ:

織り方の違いにより、バナラシーサリーは裁断という最終工程を経なければなりません。 これは、生地の裏側に残っている小さな糸を手作業でカットするものです。 その後、サリーは折りたたまれて包装されます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。