結果論的リバタリアニズム

結果論的リバタリアンが主張するのは、結果を広く考慮した費用便益計算によって導き出されるものである。 これは、結果にかかわらず、力の行使や詐欺を不道徳と見なす脱本格的リバタリアニズムと対照的である。 脱自主論的リバタリアンとは異なり、結果論的リバタリアンは必ずしも武力行使のすべてのケースを不道徳と見なさず、また武力行使を本質的に不道徳と見なさない(すなわち、自然権に対する信念を表明しない)。 むしろ、政治的・経済的自由は幸福と繁栄という最良の結果をもたらし、そのためにのみ支持されるべきだというのが彼らの立場である。 5459>

ディアントロジー的なリバタリアンとは異なり、結果主義的なリバタリアンは、それが武力行使に当たるかどうかにかかわらず、好ましい結果をもたらすと信じる行為を支持する。 脱自律主義的リバタリアンとは異なり、結果主義的リバタリアンの中には、不本意な税への支持に加えて、土地収用を支持する者もいる。 政治理論家のDavid D. Friedmanは、武力行使を禁止する確立した法規範が存在するのではなく、法の内容が売買される無政府資本主義の帰結主義的な形態を支持しており、帰結主義的な自由主義者の間で特定の見解は異なる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。