租税裁判所、未精算のパートナーシップ経費の控除を否定

一般的に、パートナーは、たとえその経費がパートナーシップ事業の推進のために発生したものであっても、個人所得税申告においてパートナーシップ経費を控除することができない。

サービス組織のパートナーにとって、適格な未払い経費を控除することは、限界税率で課税される連邦・州所得を減らすだけでなく、自営業税の対象となる所得を減らすことにもなる。 685>

Peter A. McLaughlan, TC Memo 2011-289では、納税者はパートナーシップのパートナーとして法律を実践することに関連して、専門機関のメンバーシップや継続的な法律教育などの項目のために費用を支払っています。

パートナーシップ契約では、パートナーは、業務上の食事、自動車、旅行、娯楽、コンベンション、継続的な法律教育、専門機関の会費など、「間接的」と総称される経費を支払うことが要求されていました。

パートナーシップ契約書の規定に加えて、パートナーシップには、特定の間接経費の払い戻しを具体的に規定した書面による払い戻し方針がありましたが、市内での交通費(すなわち,

日常的な慣習として、パートナーシップは、州弁護士会費や専門家団体の費用など、書面による償還方針に規定されていない他の間接経費を償還していた。 パートナーシップはパートナーが払い戻される金額に制限を設けず、むしろ合理性が間接経費の払い戻しを承認するための包括的な基準であった。

納税者はこのケースで扱われた2年間で、それぞれ6万ドル以上の経費を払い戻されましたが、払い戻されなかった10万ドル以上の経費も請求しています。 しかし、納税者はパートナーシップから払い戻しを拒否された具体的な費用を指摘することができなかった。 685>

弁済されなかった経費を控除できるかどうかは、単独で決定されるものではありません。 その経費がパートナーシップ契約やその他の方針により、払い戻しなしで支払うことが期待されるものである限り、パートナーはその経費を控除することができるかもしれません。 控除可能な経費の証跡を残すために、パートナーは経費をパートナーシップに提出し、パートナーシップに経費の払い戻しを拒否してもらうことを検討すべきである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。