歯がない、または歯が生えない – デンバー地域の獣医歯科専門家

歯がない原因としては、先天性欠如(形成されない)、非出生(歯肉線下に存在するが生えてこない)、または歯の欠陥/奇形が考えられます。 歯の欠損が発見された場合、いつでも口腔内X線写真(レントゲン)の撮影が必要です。 良いレントゲン写真を撮るためには麻酔が必要なので、生後6ヶ月頃の避妊・去勢手術がレントゲン写真を撮るのに理想的な時期です。

萌出能が残っている早い時期(理想的には1歳前)に未萌出歯が見つかった場合、歯肉を手術して歯の萌出を促すことができます。 1歳を過ぎた動物の未萌出歯は、歯が萌出しないため、外科的な検査と抜歯が推奨される。 抜歯しない衝撃歯は象牙質嚢胞の形成に寄与することがある。 この嚢胞は非常に大きくなり、他の歯や周囲の骨に損傷を与えることがあります。 5160>


歯が抜けたと思われる部分(上の丸で囲った部分)に腫れが見られるようになりました。 その部分のレントゲンを撮ると、萌出しない歯とそれに付随する嚢胞が確認されました。 嚢胞が拡大し、周囲の構造物に損傷を与える可能性があるため、嚢胞と未発達の歯をすべて取り除く口腔外科手術が行われました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。