尿道重複症(三重症)

尿道重複症は、副尿道としても知られ、ほぼ男子にのみ発生するまれな異常である。 女児では膀胱重複に伴って報告されることがある。 ほぼ矢状面に発生する。 完全な重複型、Y字型で二股に分かれたもの、紡錘形で近位と遠位が接続し肉孔が1つだけのものなど、様々なものがあります。 肉孔は1つであってもよいし、別々の開口部があってもよい。 開口部は、陰茎腺に対する開口部の部位により、上行性または下行性と表現されることがある。 基礎となる単一の発生学的原因は解明されていない。

患者は2つの尿路を呈し、一方は膣または肛門から出ることがある。 特に副尿道の狭窄を伴う場合、尿路結石もまた提示されることがある。 治療は重複の種類によって異なるが、VCUGによる尿道範囲の確認と機能的尿道の確認が必要である。 この場合も腹側に位置する尿道が機能的な尿道であることがほとんどですが、会陰部への腹側重複と先天性尿道周囲瘻を混同しないように注意が必要です(例)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。