妊娠高血圧症候群や軽度の子癇前症の女性において、子宮頸管の状態が悪いと、正期産での陣痛誘発ができないのでしょうか?

妊娠高血圧症候群や軽度の子癇前症の正期における最適な管理は、過去10年間大きな議論の対象になってきました。

即時分娩誘発の支持者は、妊娠を継続させると母体疾患が悪化する可能性があるという正当な懸念を提起している。

この論争に光を当てるために、よく知られたHYPITAT試験の研究者は、妊娠高血圧症候群または軽度の子癇前症の女性756人を、分娩誘発(n = 377)または予後管理(n = 379)に無作為に割り付けた。 すべての女性が36週から41週の単胎児で、頭位であった。 Lancet誌に掲載されたこの試験の主な結果は、陣痛誘発により「高リスクの状況」が少なくなり(相対リスク , 0.71; 95% 信頼区間 , 0.59-0.86)、帝王切開分娩のリスクの増加はない(相対リスク , 0.71)、というものであった。75; 95% CI, 0.55-1.04)、新生児の有害な転帰(RR, 0.75; 95% CI, 0.45-1.26)1

これらの知見は重要ですが、多くの産科医の心の中に一つの疑問が残っています。 陣痛誘発と予後管理のどちらを選択するかは、子宮頸管の好不調に左右されるべきなのか」

これが、Tajikらが取り上げた疑問である。

Zooming in on cervical status

HYPITAT試験の二次解析で、Tajikらは陣痛誘発と予後管理の関連を再解析し、同じアウトカム(ハイリスク状況、帝王切開出産、新生児有害転帰)に注目しましたが、データを頸管の状態別に層別化したのです。

  • 分娩誘発を直ちに行った女性において、子宮頸管の長さはハイリスク状況の高い確率と関連しなかった
  • 帝王切開の割合を減らすという意味で、分娩誘発の有益な効果は、子宮頸部が不利だった女性でより高かった。

試験の長所と限界

全体として、これは重要な問題に取り組んだよく実施された二次解析であったと言えるでしょう。 1)関心のあるすべての変数が収集された堅牢なデータセット、2)データ分析への思慮深いアプローチ、が特徴である。

しかし、この分析は疑問も提起している。 その否定的な所見(複合新生児疾患)のいくつかは、検出力が不十分であることに起因している可能性はないでしょうか。 これは、ランダム化比較試験の二次解析に遭遇するたびに、私が尋ねる質問です。 ここでの答えは この研究は、36週以降の妊娠で、子宮頸管の状態にかかわらず、妊娠高血圧症候群または軽度の子癇前症に対して、分娩誘発が最適なアプローチであるという新たな証拠を提供しています。 臨床医には、二次解析も含めたHYPITAT試験の知見を受け入れ、この管理戦略を実践に取り入れることを期待します」

GEORGE MACONES, MD

あなたの声を聞かせてください!

Have you read THESE EXPERT COMMENTARIES
ON OBSTETRICS?

Is the rate of progress is same for induced and spontaneous labors?
William F. Rayburn, MD (November 2012)

Do maternal exposure to magnesium sulfate affect fetal heart-rate patterns?
John M. Thorp, Jr, MD(2012年10月)<4613><8149>合併症のない双胎妊娠において妊娠37週での選択分娩は安全か<3633>Steven T. Chasen, MD(2012年9月)<4613><8149>縦隔開腹は手術的経膣分娩における肛門括約筋損傷のリスクを低減させるか<3633>Errol T. Norwitz, MD, PhD(2012年8月)<4613><4352>…Philippines, Inc.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。