型破りな生き方-28歳のときにした選択とその結果

“Your mind takes day shift and your heart takes night shift”(心が昼勤、心が夜勤)です。 443>

28 歳のとき、真夜中に目覚め続け、迷いや混乱を感じていたのは、そのせいだったのです。 そこにいたくはなかったのですが、自分がどこにいたいのかがわからなかったのです。 その「誰か」は、技術系新興企業で勤勉に働く、コミュニケーション能力の高いプロフェッショナルでした。 そこからスタートして、出世して、マンションのローンを組んで、子供を産んで、将来の夫と年に2回は海外旅行に行くという人生設計が見えてきました。

それは、ビジネススクールの頃から欲しいと思っていた甘い安定した生活で、そのために必死に戦ってきたのです。 しかし、正式にその道を歩むことになったとき、私は自問自答し始めたのです。 「このまま一生を終えるのか」

自分の幸福観がいかに狭いかを思い知ることになったのです。 私は、クラスで一番になること、そして、高収入の仕事を持つことが、自分の幸せの基本だと考えていたのです。

20代の頃を振り返ると、安定した生活を望むことは悪いことではないと思います。 30代になった今も、それを望んでいます。 でも問題は、28歳でこのライフスタイルを追求しようと思ったら、もっと集中力が必要で、仕事を失うわけにはいかないということです。

でも、その仕事には70%しか満足していないし、昇進する意欲もありませんでした。 だから、コミットする気になれなかったのです。 他にもやってみたいことがあったし、そうしなければ、もっと幸せになれたのではないかといつも考えていました。

私は思い切って行動しました

私はかつて、間違った道にいると気づいたら止めることが進歩だと読みました。 その数ヶ月後、私は仕事を辞め、今後3年間はいろいろなライフスタイルを試してみようと思っていました。

無職になることを選択したことで、私は不運と幸運を同時に感じました。 不運だったのは、28歳という年齢で、どのようなキャリアやライフスタイルが自分を幸せにしてくれるのかを考え始めたばかりだったからです。

幸運だったのは、今後3年間、仕事をしなくても質素な生活を維持できる貯金があったからです。 私は学校で一生懸命働き、給料の良い仕事に就き、決してお金をぜいたくは使いませんでした。 そのおかげで、より重要なことのためにお金を貯めることができたのです。 443>

Where the choice got me

仕事を離れて3カ月後、スタートアップ企業を共同設立する機会を得ました。 大義名分、チャレンジ、そして素晴らしいチームで働けるチャンスに、私は断ることができませんでした。

これがハリウッド的な結末で、大金を稼いで自己実現ができると思ったら大間違いです。 その後、デザインの仕事や、新しい国の美術品販売店でも働きました。 20代の頃、サイレンのように私を呼んでいたものに挑戦してきました。 で、今の私はというと、

一方通行です

仕事を離れるとき、必要ならいつでも戻れると思ったんです。 しかし、私は間違っていました。 電話をかけてくるヘッドハンターは年々少なくなり、私がもう技術部門で働いていないと聞くと、謝って、二度と話しかけてきませんでした。

高収入の仕事を持っている場合、それが非常に競争の激しい職種である可能性は非常に高いと思います。 企業には、意欲と経験のある若い応募者をたくさん採用するチャンスがあるのだと実感しました。

幸いなことに、私は今やっていることを楽しんでおり、戻るつもりはありません。 不安定な収入でも、今の道をさらに突き進もうと思います。

I made peace with myself

仕事を離れる前に、同じ町で5年間テック業界で働きました。 毎年同じ業界のサミットに行き、同じような経歴を持つ友人とつるんでいました。 このような背景をすべて捨て、私はさまざまな人々、新しいライフスタイル、そしてアイデアに触れました。 そして、それまで知らなかった世界に足を踏み入れ、新しいルールを学び始めました。 仕事にとどまっていたら決して出会うことのなかった人たちの生き方を観察したのです。 そうすることで、自分自身と折り合いをつけることができました。

ある原子力技術者に出会いましたが、彼は後にパン作りが好きでパン職人になりました。 アカデミーで身体障害と闘う70歳の芸術家。 学芸員を無償で引き受けてくれた非常勤弁護士。 植物に興味を持ち、35歳で博士号を取得した技術者。 何度も失敗しながらもあきらめなかった起業家たち。 ITソリューションの会議で売春宿のオーナーと一緒になって、オーストラリアでは売春宿が合法であることを知ったこともあります!

自分の人生を生きる方法は何百万通りもあり、それぞれに長所と短所があるのです

今では「もしも」と考えることはありません。

以前は「説明すること」だと思っていた愚痴を言う必要もありません。

私は一人ではないと気づきました。

30代の多くの人々を知っています。 傷のない人を見たことがありません。

特権階級の生まれや、「できている」と思われた人でも、苦労はしているのです。 両親のこと、結婚のこと、あるいは精神的な病気のことなどで苦労しているかもしれません。 自分自身で、あるいは専門家の助けを借りて、うまく対処している人もいれば、飲酒問題や有害な人間関係のパターンを持つ人もいます。

今、私は、人間であることの一部が苦悩であると本当に理解しているので、悲嘆ではなく、知恵を伝えることにしました。

この部分を読んでいる人は、言葉から感じることを期待しているのではなく、自分の体験から感じるしかない。

型破りな生き方は諸刃の剣なので、万人向けとは言えない。

唯一の後悔は、早くやらなかったということだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。