信頼は獲得するものではありません。 与えられるものではありません 信頼は育まれるものだ! (1)

このタイトルは、一見、ばかばかしいと思われるかもしれません。 しかし、ちょっとだけお付き合いください。

「信頼は獲得するもので、努力すればするほど、その見返りとして信頼関係を得られるに決まっている」と言う人がいます。 もしそうだとしたら、ではなぜ、何をやっても、どんなに努力しても、信頼関係が築けないような人間関係があるのだろうか。 稼ぐということは、自分がした仕事に対する見返りを意味します。 働けば、お金を得ることができます。 稼ぐということは、努力した分だけ信頼が得られるということを意味しています。 8009>

それから、「信頼は与えられるものだ」と言う人がいますし、多くの人がそう言っています。 しかし考えてみてください、与えられたときにだけ信頼が成立するという考えは、それほど力を与えない考えなのです。 与えても与えても、信頼を得るには、与えた分だけ返ってくるのです。 8009>

そして、ちょっと想像してみてください…

例えば、植物を育てることを考えてみてください。 あなたは木の農夫です。 すべては一粒の種、ドングリから始まります。 そのドングリの中には、高くそびえる樫の木の希望、生命、可能性が秘められています。 私たちの中には、どんぐりを大切にする人もいれば、どんぐりを重視する人もいます。 何千個もドングリを植えて、芽が出たと思ったら、どんなに愛情を注いでも、すぐにしなびて枯れてしまう。 一方、この1個のどんぐりに全財産をつぎ込み、それが成長して何世紀にもわたって立ち続ける樫の木になると確信している人もいます。

私が何を言いたいかわかりますか? 信頼は一粒のドングリから始まります。 その小さな小さなドングリに、一人ひとりが違った重点を置き、価値を置き、信頼を置くでしょう。

どんぐりを植えた後は、それを踏まないように注意しながらも、芽が出るように栄養を与えるために近くにいなければなりません。 そして……どんぐりを掘り起こし、生命の痕跡があるかどうかを確認し続けると、信頼関係のもろい始まりに挑戦することになることも忘れてはならない。 その結果、掘りすぎて枯らしてしまうかもしれない。

そして、信頼が成長するためには、ドングリは根と茎(幹)の始まりを同時に発芽させなければなりません。 しかし、私たちが幹を見ることができるのは、その小さな小さな緑の証拠が顔を出し始めたときだけなのです。 絆、繋がり、笑い、喜び、信頼がその証拠を見せ始めたとき、私たちは人間関係においてこれらのことに気づくのです。 懐疑的な人にとって、この瞬間は、種が良いものであったという希望が芽生え、慎重な喜びとなります。 純粋な楽観主義者にとっては、これはすでに樫の木です。

苗木は成長し始めます。 根は栄養を探し始める。 茎は生命と信頼の表れであり、栄養を必要とするのは根であることを忘れてはならない。 懐疑的になりすぎて、苗に栄養を与えることを忘れ、うっかり枯らしてしまうかもしれない。 そしてまた、楽観主義者は、それを樫の木のように扱って、それに寄りかかり、結果として関係を断ち切ろうとする。 現実的に考えて、苗木が幹に覆われた樹皮を持つ苗木になるためには、時間をかけて優しく育てる必要があることを認識する必要があります。 このような時、私たちは単に種子の質のせいにして、信頼しなければならないと責任を転嫁することはできません。 そうではなく、もっと別のところに目を向けなければならないのです。 私たちの農法、私たちの性格を見なければなりません。 土壌や環境にも目を向けなければなりません。 水の質、言葉、コミュニケーション。 8009>

考えてみてください、私たちは植物に十分な空気と太陽を与え、成長するための空間を与えたでしょうか? 8009>

そう、これは大変な仕事なのだ!

この植物を養うために必要なすべての要素。 これは農業だ! これは成長だ!

これは信頼を育てることだ!

信頼は得てこそで、農家が苗の成長に対してすべての手柄を立てるべきだとほのめかすのは不合理だろう。 確かに、一部の農家はそれを簡単に見せ、多くの場合、その農家は土壌、太陽、空気、環境、その他健康な木を育てるために必要なすべての変数を知っているものですが、それでも彼らは100%の成功を収めることはありません。 それでも100%成功することはないのです。 さらに、土壌の種類によっては、オークの木を育てるのに適していないものもある。 例えば、サボテン栽培農家と樫の木栽培農家は、それぞれ最高の技術をもっているかもしれない。 8009>

ですから、信頼は与えられるものだと言って、すべての要因に責任を負わせるのは早計ですし、信頼は獲得される必要があると言って、成長の手柄にするのも早計です。 信頼は育まれるものであり、すべては種から始まるのです。 その種がどれだけの希望と約束を表しているかを選ぶのはあなたです。そして、それを花開かせるためには、努力と適切な条件の組み合わせが必要だという事実を決して見失わないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。