仮想化には5つの種類がある

ITコストの削減、セキュリティ強化、業務効率化などのために、あらゆる規模の企業が仮想化を取り入れています。 しかし、その利点はすでに認識されていますが、さまざまな種類の仮想化に関しては、まだ多くの人が暗中模索しています。 ここでは、最も一般的な仮想化手法をいくつか紹介し、それらがどのようにあなたのビジネスのゲームチェンジャーとなり得るかを説明します。

アプリケーション仮想化

これは、アプリケーションが仮想化されてサーバーからラップトップ、スマートフォン、タブレットなどのエンドユーザーのデバイスに配信されるというプロセスです。 そのため、ユーザーは、職場でコンピューターにログインする代わりに、インターネット接続が可能であれば、デバイスから直接アプリケーションにアクセスすることができるようになる。

デスクトップ仮想化

前述のアプリケーション仮想化と同様に、デスクトップ仮想化はデスクトップ環境を物理デバイスから分離し、「仮想デスクトップ インフラストラクチャ」(VDI)として構成されます。 デスクトップ仮想化の最大のメリットは、ユーザーがどの PC でもすべての個人用ファイルやアプリケーションにアクセスできることです。つまり、仕事用の PC を持参することなく、どこでも仕事ができるようになります。 また、ソフトウェアのライセンスやアップデートのコストも削減することができます。

ハードウェア仮想化

おそらく今日最も一般的な仮想化のタイプであるハードウェア仮想化は、「ハイパーバイザー」と呼ばれる仮想マシン マネージャー (VM) によって実現されます。 ハイパーバイザーは、コンピュータとオペレーティング システムの仮想バージョンを作成し、それらを 1 つの大きな物理サーバーに統合することで、すべてのハードウェア リソースをより効率的に利用できるようにします。

ネットワーク仮想化

ネットワーク仮想化は、すべての物理ネットワーク機器を1つのソフトウェアベースのリソースに統合します。 また、利用可能な帯域幅を複数の独立したチャネルに分割し、それぞれをサーバーやデバイスにリアルタイムで割り当てることができます。 ネットワーク仮想化のメリットを享受できるのは、多数のユーザーを抱え、システムを常時稼働させる必要がある企業です。 分散チャネルを使用すると、ネットワークの速度が劇的に向上し、サービスやアプリケーションをこれまで以上に高速に提供できます。

ストレージ仮想化

このタイプの仮想化は、物理ハード ドライブを単一のクラスターにまとめるので、非常に簡単かつコスト効率よく実装することができます。 ストレージの仮想化は、仮想ストレージに保存されたデータを複製して別の場所に転送できるため、ディザスタ リカバリの計画を立てる際に便利です。 ストレージを集中システムに統合することで、複数のストレージ デバイスを管理する手間とコストを削減できます。

ビジネスに仮想化を統合することは、複雑で分かりにくいプロセスになる可能性があります。 理想的には、専門家の助けを借りて、仕事を正しく行うことです。 私たちは、あなたの仮想化体験を迅速かつシームレスなものにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。