事故における3種類の過失

過失という言葉は、テキサスでの人身事故のクレームの際によく耳にする言葉です。 一般的に、過失は、ケアの義務の違反を指します。 テキサス州の人身事故の請求で補償賞を獲得するには、あなたやあなたの弁護士は、被告、または過失当事者の過失を証明する必要があるかもしれません。 過失のいくつかの種類が存在するが、事故の主張は、最も頻繁に3つの主要な種類を含む。 原告が事故のために比較的に過失がある場合、それは彼または彼女はまた、事故の発生に貢献したことを意味します。 すべての州が、事故に関して比較過失のある原告に対して損害賠償の金銭的回復を求めることを認めているわけではありません。 過失のある原告に回復を禁じる州は、寄与的過失法を使用しています。 しかし、ほとんどの州は比較過失法または修正比較過失法を使用している。

テキサス州は修正比較過失州である。 テキサス州では、被害者は、彼または彼女が問題の事故に貢献した場合、まだ他の当事者から少なくとも部分的な補償を回復することができます。 裁判所は、被害者の過失割合に相当する金額だけ賠償金を減額する。 ただし、被害者が賠償金を受け取るためには、事故に対する責任が50%以下であることが必要です。 1650>

Gross Negligence

Gross Negligenceは、標準的な過失のレベルを超えている。 これは、他人の安全に対する極端な無関心、または故意または無謀な無視を指します。 重過失は、単なる不注意や先見の明の欠如を超え、他者に対する意識的または無謀な行為に及んでいる。 彼または彼女は彼または彼女の行動の危険性を知っていた場合、誰かが重大な過失の有罪かもしれない、まだそのような飲酒運転事故のように、とにかくそれらを実行しました。 また、このような場合にも、「己を律し、己を律し、己を律する」ことが大切です。 もし裁判官が被告の行為が重大な過失の定義に合致すると判断した場合、裁判官がそのような無謀を容認しないことを社会に示すために、被告に対する罰として追加の補償を与えることがあります。 重過失は、しばしば法律違反や被告の行動に対する刑事告発と並行して行われます。

Vicarious Liability

Vicarious Liability は、ある団体がその管轄または支配下にある他の団体の過失に対して持つ法的責任のことです。 たとえば、政府は、公立学校、公共バスの運転手、および政府のエージェントの行動に対して、代理責任を負う。 親やペットの所有者は、未成年の子供や動物に対して代理責任を負うことになります。 雇用主は、その従業員に対して代理責任を負うことになります。 法律は、これらの代理人自身に責任を負わせることができないので、代わりに過失の主人に責任を負わせる。

Vicarious liability は、しばしば負傷者に、代理人だけから受け取ることができたであろうよりも良い補償賞を獲得させることができる。 例えば、看護婦の過誤に対して病院に責任を負わせることは、一般に、個々の看護婦に対する訴訟よりも良い保険金を得ることができるだろう。 また、代理責任により、負傷した被害者は、犬や子供に対してなど、他の方法では提出できないような請求を行うことができるようになるケースもあります。 あなたのケースがテキサス州で関与する可能性がある過失の種類についての質問をするためにダラスの人身傷害弁護士に向ける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。