リスボン旅行者のための1日、2日、3日コース

Day 1 &Day 2

リスボンでの3日間は、必見のモニュメントや素晴らしい美術館をさらに詳しく知るための時間がたっぷりあります。 1日目と2日目の行程を、ご自身の観光の優先順位に合わせながら進めることができます。 歴史的な名所や素敵なスポットをすでに堪能したあなたは、街の外に出て、日帰り旅行を楽しみたいと思うかもしれません。 3日間あれば、リスボンからシントラとカスカイスの少人数日帰り旅行を追加することができます。 このガイド付きツアーでは、ポルトガルで最も魅力的な観光地のひとつであるシントラの町を訪れます。この町には、素晴らしい国立宮殿やおとぎ話のようなペーナ宮殿など、ユネスコの世界遺産に登録されている不思議な建物がたくさんあります。 対照的に、活気ある海辺のリゾート地カスカイスは、19世紀の面影と国際的なセンスが融合しています。

もしあなたがアウトドア派で単独行動をするつもりなら、緑あふれるペナ公園は爽快なハイキングコースで、シントラの時代の魅力を吸収した後に歩く価値があること間違いありません。

同様に、カスカイスの町から西へ約1.5kmのところにあるボカ・ド・インフェルノ(地獄の口)は、何世紀にもわたって大西洋の穏やかでない海によって形作られた、崩壊した海の洞窟です。 このドラマチックな自然の驚異は、風が強く荒れた日に、巨大な波がその縁を越えて衝突し、最も壮観な光景を見せます。

まだ個人で観光したい気分なら、リスボンを出て東に向かい、Parque das Nações(ダス・ナソインス公園)と素晴らしいOceanário de Lisboa(リスボン海洋博物館)に行ってみてください。

この巨大な水族館には、4つの海洋生物が生息し、哺乳類、鳥類、魚類が見事に展示されています。 ポルトガルで最も人気のある観光スポットのひとつで、家族連れに人気です。

リスボンでの休暇中に1つだけ博物館を見て回るなら、エスパーニャ広場にあるカルースト・グルベンキアン博物館(Museu Calouste Gulbenkian)をお薦めします。 この美術館は、4,000年以上にわたる東西の美術史のコレクションを展示しており、その幅広さと希少性には、ただただ驚かされるばかりです。

もうひとつ、ポルトガルの国立美術館であるMuseu Nacional de Arte Antiga(アンティガ美術館)もおすすめです。 ここでは、15、16、17世紀の最も尊敬され、影響力のあったポルトガルの芸術家たちの作品を展示しています。 この美術館はリスボンのサントス地区にあります。

3日間の観光の最後には、リスボンの高貴な広場、テレイロ・ド・パソに並ぶカフェでくつろぐのもよいでしょう。

しかし、席に着く前に、この広場を見下ろすランドマーク、Arco da Rua Augustaの凱旋門に立ち寄ってみてはどうでしょう。 展望テラスから眺める大パノラマは、まさに絶景です。

 リスボンのレストラン

リスボンのレストラン

どこで食べるか。 リスボンのキアード地区にあるミシュラン2つ星のレストラン、ベルカント(Belcanto)は、特別なダイニング体験を求める食通の方におすすめです。

もっと気軽に楽しみたい方は、バイロ・アルトにあるAntigo 1º de Maioで、伝統的なポルトガル料理を気軽に楽しむことができます。 家族連れも歓迎です。

ポルトガルの首都を訪れたら、ぜひ体験してほしいのがファド・レストランでの食事です。 この「家」では、ポルトガルが誇る厳粛でロマンチックな喪失と憧れの音楽であるファドを、声とギターで奏でながら伝統料理を味わうことができます。 バイロ・アルトにある「O Faia(オ・ファイア)」では、最も本格的なファドを聴くことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。