ラングドックの歴史 ピレネー条約

ピレネー条約400周年記念1959年フランス50フラン切手ピレネー条約400周年記念1959年フランス50フラン切手長い間アラゴン王はピレネーの北側に領土を持っていた(オック語の名前。 オクシタンについてはこちら ピレネー、 カタルーニャ語の名前 ピリネー、 フランス語の名前 ピレネー)。 ピレネー山脈のフランス側の軍隊によって何度も攻撃され、一時期は保持されていた。 ルイ11世は1462年から63年にかけてルシヨンとセルダーニュを獲得したが、1493年、シャルル8世によってバルセロナ条約により再び放棄された。 1642年、ルシヨンは再び接収され、ペルピニャンは奪われ、さらに紛争が続いた。

数世紀にわたる行き来の後、1659年にピレネー条約(ビダソア川のキジ島で調印)により現在の国境が確定し、ルシヨンとセルダーニュ地方の33の村がフランス王家の下に置かれることになりました。

ピレネー・オリエンタル県の地図を見ると、アンドラの少し東に、リヴィアという小さな飛び地があり、その周りに国界標があることに気がつくと思います。

これは、少なくとも地図製作者のミスではありません。 条約にはスペインに譲渡されるすべての村が含まれていたのですが、誰かがその中の一つの町、リヴィアを入れるのを怠ったという話です。 だから、この町は今でもスペインにある、ということになった。 これは単なる技術的な問題ではなく、言葉、学校、郵便、警察、そして食べ物までもが、今でもスペイン語である。 ユーロが導入される前、この町の通貨はスペインのパセタであった。 フランスとスペインの外交関係がこじれるたびに、国境は他の国の国境と同じように守られるのです。

Cardinal Mazarin Concludes the Peace of the Pyrenees 1659
Cardinal Mazarin Concludes the Peace of the Pyrenees 1659 Giclee Print
Swebach, Jacques…

この条約の結果、旧来の国境防衛、カルカソンヌと「カルカソンの5人の息子」(アギラ城、ペイレペルテュス城、ケリブス城、ピュアレンス城、テルメス)は軽視または崩壊に任されることになった。

この条約により、国王ルイ14世は軍事技術者に新しい国境防壁の建設を依頼した。 この工事は、天才的な技術者であったド・ヴォーバンが担当し、その作品は今日でも建設当時と同様に印象的である。 ラングドック・ルーション地方における彼の作品の例を見るには、ここをクリックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。