ジョブレス博士号保持者は今年末までに3000人を超える」

今年末までに、国内のジョブレス博士号の数は3000人を超えると、パキスタン博士協会(PAP)はThe Newsに語った。

失業した博士の数の多さに懸念を表明し、PAPの事務局員は、政府が国内の博士の学者が直面している問題を解決するために注意を払っておらず、大学や高等教育機関における失業した博士の配置のために関係当局によって有効な措置が取られていないことを述べました。

一方、パキスタン高等教育委員会(HEC)の委員長であるDr Tariq Banuriは、声明の中で、現在パキスタン中の国営の大学において、およそ4万5000人の博士号を持っていない教員が雇用されていると述べています。 同様に、公立・私立の大学では、HECの指令に全く反して、博士号を持たない教員を採用することを好んでいるようだ。 この傾向は、新しい博士号取得者を落胆させるだけでなく、明らかに最高裁の命令に違反しています。

「もし、新鮮で精力的な博士号取得者の代わりに、退職した人々を教員として再任用するという怠慢な態度や落胆させる政策が続けば、パキスタンは将来的に博士号の深刻な不足に直面し、その学術と研究の発展を阻害するでしょう」とPAP後援長のシドラ・バジュワ博士は述べています。 彼女は、博士号取得者はどの国の発展にも重要な役割を果たし、博士号取得者の数と研究論文の数は、世界の大学ランキングで大学の順位を上げる最も重要な要因である、と付け加えました。

彼女は、パキスタンの学界に国内外の有能な博士を統合するための効果的な政策の策定と実施を確保するよう当局に呼びかけました。

一時雇用

2009年にHECは博士の学者のための雇用機会を創出するために、新しい博士の暫定配置フェーズI(IPFP)プログラムを開始しました。 IPFPの目的は、新卒の博士に仕事を提供することと、大学が彼らの学術・研究経験から利益を得ることの2つでした。

IPFPの規則に従い、委員会は2018年まで、数百人の新卒博士を1年の暫定期間、公立大学の助教授として配置しました。 その後、これらの学者は、関連する大学の正教員として収容されるだろう。

「IPFPフェーズIを通じて、約70%の博士がそれぞれの大学に正教員として吸収された。 しかし、このプログラムは廃止されました」と、PAP会長のDr Syed Haider Ali Zaidiは言いました。「このプログラムは、少なくとも一時的な仕事の機会を得ることができる新しい博士の学者にとって何らかの利益があったにもかかわらず、です。 しかし、学者の30%が暫定期間終了後に追放されたという事実もあります」とZaidiは述べています。

IPFPの新しい段階

2019年3月に、HECは突然最初のIPFPプログラムを終了し、最初の段階とは全く異なるInterim Placement of Fresh PhDs Phase-IIを開始すると発表しました。

IPFPの第2期では、すべての新卒博士がIPFPの下で教員として大学に参加する資格を得るために、新たに設立された国立高等教育アカデミー(NAHE)で1ヶ月の義務的なトレーニングを受けなければならなかった。

2020年1月、HECはIPFP第2期の申請者を対象に、教育方法と研究スキルの知識を測るための事前評価試験を行った

第2期が発表された2019年3月から事前評価試験が行われた2020年1月の間、新米博士たちは10カ月を不安とともに過ごしていた。 “博士号取得者は、不適切な計画、お役所仕事、その他多くの官僚的なハードルのために10ヶ月間苦しまされ、仕事を得られないために学者を苛立たせた “と、PAP共同秘書Dr Ilyas Khakiは言った。

Futile online training

多くの新しい博士がIPFPの効果のない第二段階のために国内で仕事を得ることができなかったので、彼らはまた、今年COVID-19流行により多くの国際国境が閉鎖されていたので外国の大学の仕事に応募することができなかった。

最終的に2020年3月にNAHEでの新しい博士の訓練のためのスケジュールが国立教員開発プログラムの下で発表されました。 研修はイスラマバード、カラチ、ラホール、ペシャワール、クエッタで行われる予定だった。

しかし、その後、パンデミックに伴う大規模集会回避のための政府の指示により研修は延期され、その後、研修はオンラインで行われると発表されたと、カーキ医師は述べた。

現在、インターネット接続や停電などあらゆる技術的な問題にもかかわらず、第1、第2バッチの200人もの博士がオンライン・トレーニングを完了しました。 しかし、彼らのうち一人も任命通知を受け取っていないとKhaki博士は指摘し、その一方で、第3バッチのオンライントレーニングが進行中であることを付け加えた。

PAPの要求

PAP事務局長は、連邦政府が、COVID-19パンデミックの影響を受けた人々のための経済救済パッケージを発表したように、失業中の博士のためのパッケージを発表することを要求する。

彼ら協会はまた、新しい博士号医師に雇用機会を提供することを政府に要求している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。