ウォーク・オフ・ザ・アースのキーボーディスト、マイク「ヒゲガイ」テイラーが死去

Popular on Variety

カナダのバンドWalk Off the Earthでキーボードと歌手を務めるマイク「ヒゲガイ」テイラーが、日曜日自然死のため死んだとグループは声明で確認した。

pic.twitter.com/TZCWGeGSAT

– Walk off the Earth (@WalkOffTheEarth) December 31, 2018

「我々の愛する兄弟でバンドメンバーのマイク “Beard Guy’ Taylorの死を発表したことは深い悲しみを伴うものであります。 マイクは比類なき人生への愛と、通常の手段を超えた与える意志を持っていました。 彼は昨夜、眠っている間に自然死で安らかに息を引き取りました。 私たちは、彼がこの世の何よりも可愛がっていた二人の子供たちに、深い哀悼の意を捧げます。 このつらい時期に、彼の家族のプライバシーを守ることをお願いします」

2006年にオンタリオ州バーリントンで結成されたジュノー賞受賞グループは、オフビートのカバーで知られるようになり、特に2012年にはゴティエの「Somebody That I Used To Know」のカバーがYouTubeでヒットしている。 彼らはその年にエレン・デジェネレスの番組に出演し、その直後にコロンビア・レコードと契約した。 彼らはオリジナル曲で人気を博したが、その後もAdele、LMFAO、Maroon 5、Wix Kahlifaなどの楽曲を含むカバーを投下。 彼らは2016年にジュノ賞(基本的にカナダのグラミー賞に相当)を受賞した。

このグループは大晦日にナイアガラ・フォールズで公演する予定だったが、公演は中止となった。

ちょうど先週、テイラーはFacebookに「O Holy Night」のソロ・ピアノバージョンを投稿し、「私のお気に入りのクリスマスソングに断然なった」と述べている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。