インターンシップと共同事業 – スチューデント・サクセス・センター

Talha Khansがこの素晴らしい機会に参加しましたので、以下にその感想をご紹介します。 「私は、NASA の IMPACT 地球科学現象検出チームに参加する機会を得ました。 NASAは、熱帯低気圧、砂嵐、火山など、多くの危険な地球現象に関する衛星画像を収集しています。 このような危険な現象を事前に検知することは、経済的な被害を軽減するために重要であり、人命を救うこともできます。 衛星画像を使用して、気象予報士、緊急事態管理者、および市民に警告するために、リアルタイムで砂嵐を自動検出するディープラーニング人工知能モデルを作成しています」

Nanoracks

Time 誌は Nanoracks (www.nanoracks.com) を採用して、国際宇宙ステーションに送って 3D 没入ドキュメンタリー撮影を行う 3D カメラ ハウジングを設計および構築しています。 これは前例のないことであり、エキサイティングなプロジェクトです。 以下は、UTSAの卒業生とインターン生です。

  • Nanoracks – Joseph Kissling(UTSA機械工学プログラムの卒業生で、現在はNanoracksで働いている)カメラのアセンブリ全体を設計した

Land Aero Group – Frank M. Garcia, Frank C. Garcia、Alex Lauprecht、Matt Fierro (UTSA インターン) はすべて UTSA COE の卒業生で、カメラの詳細部品の製造を担当しています。 NASA/Jacobs Engineering – Nick Martinez (UTSA COE- 1986 年に一緒に卒業) は NASA の材料科学者で、ISS に送るすべてのフライト ハードウェアの審査を担当しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。