アーバンパーマカルチャーって?

オーストラリア発祥のパーマカルチャー(永続的農業)は、大規模なものであれ、都市の小さな庭であれ、農業に対する持続可能なアプローチです。 パーマカルチャーの設計原理を使えば、誰でも庭や屋上、パティオ、バルコニーを持続可能な食糧生産園に変えることができます。

たとえば、森林の成長方法を再現することを目的とした森林庭園は、パーマカルチャーの典型的なアプローチです。 庭の面積を4つの層に分けて植えることで、森の自然なプロセスを模倣するのです。 まず、樹木、特に果実や木の実のなる木を植えて、樹冠の層をつくります。 次に、日陰でよく育つブラックベリーなどの低木を植えます。 3つ目の層は、つる性植物など、木に登って光に向かっていくクライマーで構成されています。 第4の層は、レタスやイチゴなどの葉物野菜の地層です。

広告

パーマカルチャー・デザインの一部として、人とコミュニティは非常によく含まれています。 実際、パーマカルチャーの専門家は、人々がコミュニティの一員となり、自分たちの環境の世話をすることに関与できるようにしたいと考えています。 都会のパーマカルチャーの目的の1つは、より緑豊かで持続可能なものにすることで街の景観を変え、大都会でもよりホリスティックな生き方を人々に提供することです。

パーマカルチャー運動では、どんな環境にも適用できるパーマカルチャーの設計原理を教えるさまざまなコースがあります。 各パーマカルチャーのデザインは、その場所特有のものであり、パーマカルチャーの原理を用いて、芝生、バルコニー、パティオを、食料を生産するパーマカルチャー・ガーデンに変えることができます」

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。