もしも第一次世界大戦が起こらなかったら

フランツ・フェルディナンド大公は生きている! A World Without World War I
By Richard Ned Lebow
Palgrave Macmillan, 256 pages, $27

新刊「フランツ・フェルディナンド大公は生きている!」の序文で、フランツ・フェルディナンドは生きている!ということを述べています。 A World Without World War I “の序文で、リチャード・ネッド・リーボーは、彼が反実仮想史に興味を持った切実な個人的理由を明かしています。 母親が勇敢なフランス人警官に彼を引き渡したところ、その警官は、ユダヤ人の子供を海外に運ぶ活動をしているフランス人ユダヤ人女性たちのグループに彼を預け、安全な場所に移動させたのだ。 その後、アメリカのユダヤ人家庭の養子となり、学問の道に進んだ。 第一次世界大戦の勃発からちょうど1世紀後、レボウの研究は始まる。今後数カ月は、戦争の起源と結果に注目が集まるだろうが、レボウは、戦争の回避が歴史の流れを変えただろうと推測している。

「フランツ・フェルディナンド大公は生きている!」は、ハプスブルク家の王位継承者が1914年6月28日の暗殺を免れていれば、第一次世界大戦は起こらなかったという前提に立っている。 ナショナリズムと帝国主義の強力な力によって戦争(あるいはそれに匹敵する紛争)はおそらく避けられなかったと主張する多くの学者とは対照的に、レボーはそれを回避することができた偶発的な出来事として説明している

彼は、1914年にヨーロッパの政治・軍事指導者が戦争の危険を冒すことに相対的に意欲を示したことは、おそらくわずか数年後には消えていただろうと説得力ある論証を展開している。 1917 年までには、ロシアは軍事的準備の面でドイツとオーストリア・ハンガリーに追いつき、 後者の大国が先制的軍事行動によって前者に対する弱体化した優位性を利用する誘惑を排除してい たであろう。 大公が父フランツ・ヨーゼフ(1916 年に死去)の後を継いで長生きしていれば、新たに戴冠した皇帝は、 長年ロシアとの和平に尽力していたため、将来の外交危機を戦争に拡大させることはなかっただろう

1914 年に戦争を回避した結果は数えきれないほどであったろう。 リーボーはそれらを1つではなく、2つの別々のシナリオで概説している。1つ目は「より良い世界」を、2つ目は「より悪い世界」を生み出す。 前者は “より良い世界 “を、後者は “より悪い世界 “を生み出す。彼は両者を深く掘り下げ、それぞれのシナリオは “主要な決定要因としてのドイツの政治的発展 “の役割に掛かっている。 (前者では民主主義に転じ、後者では権威主義を倍加させる)。 世界史や国際関係に関心のある読者は、レボーの競合するシナリオの地政学的な詳細の多くを理解することができるだろう。

前者に関して、Lebow は Milton Himmelfarb の有名なマントラ、「No Hitler, No Holocaust」を本質的に支持しています。 レボーの想像では、第一次世界大戦がなければ、ドイツの敗戦の悲劇的な結果、すなわちヒトラーの政界進出、ナチズムの台頭、第二次世界大戦の勃発は実現しないのである。 確かに、ユダヤ人の生活はユートピア的とは言い難い。 東欧では反ユダヤ主義が根強く、西欧やパレスチナへの移民が後を絶たないし、ポグロムも後を絶たない。 しかし、全体としては「ヨーロッパのユダヤ人人口は繁栄している」。 一方、アメリカでは、ユダヤ人は(黒人、女性、その他のマイノリティと同様に)アメリカ社会に受け入れられるまでに時間がかかり、現実の歴史の中で後になったほど寛容ではなくなっている。 これによってリーボーは、兵役を通じて社会統合を促進した第二次世界大戦と人種的憎悪の危険性を強調したホロコーストの明るい兆しを指摘するのである。 彼はいくつかの異なるシナリオを模索しているが、この戦争(およびその必然的な後継である第二次世界大戦とホロコースト)がなければ、イシュブへのユダヤ人移民は小規模にとどまり、アラブ人との緊張は緩和され、この地域のヨーロッパ勢力はユダヤ人とパレスチナ人の両方の民族的願望を抑制できただろうと主張しているようである。 しかし同時に、レボーは「イスラエルに至る別のルートが存在した」ことを認めている。 このシナリオでは、第一次世界大戦がなかったために、オスマン帝国は軍事的敗北を喫することもなく、中東の土地の支配権をイギリスに奪われることもなかったということである。 しかし、やがて(1914年以前のバルカン半島のような)アラブの民族革命が勃発し、オスマン帝国はパレスチナから追い出され、その空白を埋めようとするヨーロッパ諸国の参入を招いた。 その中でもイギリスは最も影響力があり、その行動はユダヤ人国家の誕生を促進させることになる。 ユダヤとパレスチナの緊張が爆発して戦争になったとき、ヨルダン軍団が存在せず(1918年以降、イギリスはヨルダンを支配していないため、軍団は作られない)、エジプトからアラブが侵入しない(イギリスはまだ所有している)ため、ユダヤ人が勝利することができる。 独立後も緊張は続くが、強力な同盟国であるイギリスによって、イスラエルの安全は守られる。 特に、英仏の植民地主義がないため、この地域のアラブ諸国が独裁的になったり、イスラム教の過激派に傾くことがなかったからです。

レボーが描いた第一次世界大戦のない世界の空想は、地政学だけでなく社会・文化史も扱っています。 地政学に関する緻密な調査と比較すると、西洋の芸術と文学の世界に関する彼の推測は、広すぎるし薄すぎるしで、やや未発達な印象を受ける。 しかし、ドイツ系ユダヤ人の学者で政治コンサルタントのヘンリー・キッシンジャー、ロシア系ユダヤ人のSF作家アイザック・アシモフ、ハンガリー系ユダヤ人の物理学者エドワード・テラーの経歴を読んで、多くの読者は面白がるだろう。

リーボーの反事実的考察の妥当性は容易に論証できるし、読者はきっと他の人より説得力があると思うだろう。 しかし、そこに代替史の永続的な魅力がある。 もしそうなら」と考えることで、私たちは既成の前提を再検討し、その前提を代替案と比較することを余儀なくされる。 1628>

Gavriel Rosenfeld フェアフィールド大学教授(歴史学)。 編著に「『エジプトで死んでいれば!』」。 What Ifs of Jewish History from Abraham to Zionism」(ケンブリッジ大学出版局)

の編集者。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。